カムカムエヴリバディ

【カムカムエヴリバディ】ネタバレ第1話(11月1日)安子とラジオ|朝ドラあらすじ考察口コミ

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ】ネタバレ|第1話 11月1日(月)

日本でラジオ放送が始まった1925年(大正14年)3月22日、岡山県に橘安子が誕生します。

安子の生まれた家は、代々続く和菓子屋

実直な父・金太に優しい母・小しず、厳格な祖父・杵太郎、しっかり者の祖母・ひさ、やんちゃな兄・算太たち家族や職人に囲まれ安子は幸せに暮らしています。

 

あんこの香りに包まれた温かい家庭ですくすくと成長した安子は、小学三年生になりました。

近くに住む豆腐屋の水田きぬを誘って学校に向かいます。

この日、同級生にラジオを持っていないことをバカにされる安子。

ラジオはこの時代、まだまだ高根の花

安子の周りでは荒物屋にしかラジオはありません。

この日の夜、ラジオの話題が食卓に上がり、ラジオを買ってほしいと頼むのですが「必要ない」と祖父に断られてしまいました。

 

落ち込む安子でしたが、後日家にラジオを発見。

安子は祖父がくれたものだと思い大喜びし、早速ラジオをつけます。

職人も安子もラジオから流れる声にうっとり。

そこへ杵太郎がやってきて、自分はラジオなど買っていないと発言。

実は算太が荒物屋から盗んできたもので、それを知った金太は算太を連れて荒物屋に謝りに行きます。

ケチで有名な荒物屋の主人・吉兵衛は怒り心頭で、算太を警察に突き出すと言ってききません。

そこへ杵太郎がまんじゅうを持ってやってきて、ことを丸く収めるのでした。

 

ある日、学校から帰った安子は家の中にラジオを見つけます。

今度こそ祖父が買ってくれたもので、安子はラジオから聞こえる音にうっとりするのでした。

<< 第1話 あらすじ 第2話 >>

\全話ネタバレはこちら/

【カムカムエヴリバディ】感想|第1話 11月1日(月)

ついに始まりました、カムカムエヴリバディ!

朝からホッコリできるストーリー内容に、心が癒されました。

主題歌はAIさんが歌い、力強い彼女の歌声にパワーをもらえます。

 

まずは安子の幼少期から始まりました。

和菓子屋の長女として生まれた安子。

兄は手癖の悪いところがあり、これからが心配ですね…。

それでも祖父母も両親もとってもやさしい人たちで、安子もすくすくと真っ直ぐに育っています。

 

今回は安子とラジオを中心としたお話でしたね。

ラジオが今後、安子の人生とどうかかわってくるのかワクワクします。

ナレーションは城田優さんで、英語と日本語のナレーションにうっとりです。

これからまた新しい朝が始まりそうで、次回も楽しみです!

<< 第1話 あらすじ 第2話 >>

\全話ネタバレはこちら/

【カムカムエヴリバディ】見逃し視聴/動画配信はU-NEXT

第1のカムカムエヴリバディを見逃したら、
U-NEXTで無料視聴するのがおすすめです。

カムカムエヴリバディはレンタル作品ですが、
無料で600円分のUーNEXTポイントがもらえ、そのポイントを使って見逃し分を視聴することができます!

▼「カムカムエヴリバディ」をU-NEXTで視聴したい方はこちら

U-NEXTは、1ヶ月以内に解約すれば無料で視聴できます。違約金もありません。

NHK以外でNHKオンデマンドが観られるのは、UーNXETだけです。

【おかえりモネ】見逃し配信や無料で動画を視聴する方法はこれ!再放送や放送日についても「しまった!おかえりモネの第○話を見逃した!」 「朝ドラが録画できてなかっただと!?」 となった方に読んでいただきたいページです...

↑この記事で、カムカムエヴリバディの再放送無料で動画を観る方法についてまとめています。
ぜひご覧ください。

<< 第1話 あらすじ 第2話 >>

\全話ネタバレはこちら/

あらすじ 第1話 11月1日(月)|予想

日本でラジオ放送が始まった1925年(大正14年)3月22日。岡山にある和菓子屋にヒロイン橘安子が誕生しました。

実直な父・金太(甲本雅裕)に優しい母・小しず(西田尚美)、厳格な祖父・杵太郎(大和田伸也)、しっかり者の祖母・ひさ(鷲尾真知子)、やんちゃな兄・算太(濱田岳)たち家族や職人に囲まれ幸せに暮らしています。

あんこの香りに包まれた温かい家庭ですくすくと成長し、安子は小学三年生になりました。

引用:Yahoo!テレビ欄

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ【エール】の見逃し動画を無料で視聴する方法はこちら。

見逃し動画を観る
↑再放送もこちらで確認できます。

その他、スカーレット全話あらすじとキャスト記事も公開中。

あらすじ全話キャスト

スポンサーリンク