カムカムエヴリバディ

【カムカムエヴリバディ】ネタバレ第34話(12月16日)気持ちを爆発させる雪衣|朝ドラあらすじ考察口コミ

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ】ネタバレ|第34話 12月16日(木)

1951(昭和26)年2月、5年間続いたカムカム英語が終わりました。

戦後の日本を照らしたカムカム英語。

安子やるいの人生にとって、かけがえのない二人だけの幸せの時間の象徴なのでした。

 

るいは千吉に連れられ、大阪へ入学祝いを買いに出かけます。

買い物の帰り、千吉はるいを病院へ連れて行きました。

その頃安子は神社にいました。

するとロバートと偶然出会います。

神社で英語教室を始めることを伝えるロバート。

英語のテキスト作りを手伝って欲しいと頼みます。

カムカム英語が終わったことで心の支えがなくなった安子でしたが、「英語への道が続くのあれば喜んで手伝いたい」と安子は快く引き受けるのでした。

 

一方、勇が安子と一緒になるかもしれないと思う雪衣はイライラが募っていました。

算太から映画に誘われた雪衣は、「はやく雉真家から算太さんも安子さんも出ていくべきです!」と辛く当たってしまいます。

そこへ勇がやってきました。

勇は「あんたに何がわかるんや!安子がどんな気持ちでこの家にいてるか、あんたにわかるはずがない!」と雪衣を責めます。

雪衣の勇への気持ちを知っている算太は、そのことを勇に伝えようとします。

しかし雪衣は「言わないでください…」と走り去るのでした。

 

夜になり、るいと千吉が帰ってきました。

たくさんお祝いを買ってもらい大喜びのるい。

安子はロバートの手伝いをすることをるいに伝えました。

そして翌日、神社で待つロバートにるいと会いに行く安子でした。

<< 第33話 あらすじ 第35話 >>

\全話ネタバレはこちら/

【カムカムエヴリバディ】感想|第34話 12月16日(木)

雪衣さんがついに爆発しました!

勇が安子と結婚するかもしれないと思うと、悲しくてやるせないのでしょう…。

そして算太にそのイライラをぶつけているところを勇に見られてしまい、雪衣さんもついてないですね…。

算太は雪衣さんの気持ちを知っているようです。

このことがあって、勇は余計に安子との結婚を真剣に考えるのではないでしょうか?

今のままでは安子の立場が弱く、るいさえ雉真家に居ればいい感じになっています。

勇は安子へ気持ちを伝えるでしょう。

そして二人は結婚することになるのか?

 

一方安子はロバートの英語の教材づくりを手伝うことに。

彼と親交を深める中で、愛が芽生えるのではないかと思います。

この先安子もるいも勇もどうなるのか?

次回も見逃せません!

<< 第33話 あらすじ 第35話 >>

\全話ネタバレはこちら/

【カムカムエヴリバディ】見逃し視聴/動画配信はU-NEXT

第34のカムカムエヴリバディを見逃したら、
U-NEXTで無料視聴するのがおすすめです。

カムカムエヴリバディはレンタル作品ですが、
無料で600円分のUーNEXTポイントがもらえ、そのポイントを使って見逃し分を視聴することができます!

▼「カムカムエヴリバディ」をU-NEXTで視聴したい方はこちら

U-NEXTは、1ヶ月以内に解約すれば無料で視聴できます。違約金もありません。

NHK以外でNHKオンデマンドが観られるのは、UーNXETだけです。

【おかえりモネ】見逃し配信や無料で動画を視聴する方法はこれ!再放送や放送日についても「しまった!おかえりモネの第○話を見逃した!」 「朝ドラが録画できてなかっただと!?」 となった方に読んでいただきたいページです...

↑この記事で、カムカムエヴリバディの再放送無料で動画を観る方法についてまとめています。
ぜひご覧ください。

<< 第33話 あらすじ 第35話 >>

\全話ネタバレはこちら/

あらすじ 第34話 12月16日(木)|予想

1951(昭和26)年2月。5年間続いたカムカム英語の歴史は幕を閉じました。戦後の日本を照らしたこの放送は、安子(上白石萌音)とるい(古川凛)の人生にとってもかけがえのない時間でした。

心の支えを失ったかに感じていた安子のもとに、英語教室を始めるロバート(村雨辰剛)から英語のテキスト作りを手伝って欲しいとの誘いの話が舞い込みます。

一方、算太(濱田岳)は雪衣(岡田結実)から、とある思いをぶつけられ…

引用:Yahoo!テレビ欄

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ【エール】の見逃し動画を無料で視聴する方法はこちら。

見逃し動画を観る
↑再放送もこちらで確認できます。

その他、スカーレット全話あらすじとキャスト記事も公開中。

あらすじ全話キャスト

スポンサーリンク