おちょやん

【おちょやん】ネタバレ第64話(3月4日)真実|朝ドラあらすじ考察口コミ

スポンサーリンク

【おちょやん】ネタバレ|第64話 3月4日(木)

父親が母親を追い出したのではなく、母親が自分たちを捨てて出て行ったことを知った一平は、呆然としたまま帰路につきます。

「かんにんな…」と謝る千代。

一平は「お前も痛かったやろ。」と千代の頬に触れました。

一平の母親にぶたれた千代でしたが、千代は「あんたの心の傷よりはましや…」と一平を気遣います。

これまで父親を憎んできた一平でしたが、真実を知ったことで襲名を決意

 

翌日、一平が襲名することが新聞に載ると、岡安に予約の電話がかかってきます。

襲名興行が開かれることとなり、その日から大忙しになる一平。

ごひいき筋への挨拶に忙しくする一平ですが、どこか様子が以前とは違い千代は心配になります。

 

実は一平はこの襲名興行を機に役者をやめる気でいました。

そのことに気がついた千代が一平の家を訪れます。

するとこれまで書いた脚本を燃やしている一平の姿がありました。

天海の名を継ぎ、これで永遠にこの名を葬ろうとする一平に、千代は「鶴亀家庭劇は誰が引っ張っていくんよ!」と訴えます。

千代はハナから聞いた話をすることにします。

それは、一平の母親・夕が出て行った直後の話です。

一平の父・天海は夕が出て行き酒に溺れるようになり、役者をやめようとしていました。

しかしそれを引き止めたのが一平でした。

<< 第63話 あらすじ 第65話 >>

\全話ネタバレはこちら/

【おちょやん】感想|第64話 3月4日(木)

一平が千代の頬にやさしく触れる瞬間にキュンときました~♪

一平の母・夕にぶたれた千代は相当痛かったでしょうね…。

それでも真実を知った一平の心のほうが、もっと痛かったのは確かです。

京都にいかなければよかったのですかね?

母親が見つからなければ、こんなに悲しまずにすんだのに…。(涙)

 

これまで母親を思って役者を続けてきた一平。

そんな彼は、役者をやめる気でいます。

これまで大嫌いな父親を追い越すために頑張ってきたのに、目標を見失ってしまった一平。

大嫌いな父親はわざと嫌われ役をかってでていたなんて、切なすぎます。

もう何もかもを終わりにした一平に、千代はどんな話をするつもりでしょうか?

ハナが見た、夕が出て行った後の一平と天海の姿が気になります。

どうやって一平は役者をやめようとする父親・天海を引き止めたのか?

 

一平を説得できるのは千代しかいません!

次回は、笑顔で二人が舞台に立ち、一平が天海の名を無事に継いでいることを願っています!

そしてこれからも鶴亀家庭劇の座長として頑張ってほしいです♪

<< 第63話 あらすじ 第65話 >>

\全話ネタバレはこちら/

【おちょやん】見逃し視聴/動画配信はU-NEXT

第64のおちょやんを見逃したら、
U-NEXTで無料視聴するのがおすすめです。

おちょやんはレンタル作品ですが、
無料で600円分のUーNEXTポイントがもらえ、そのポイントを使って見逃し分を視聴することができます!

▼「おちょやん」をU-NEXTで視聴したい方はこちら

U-NEXTは、1ヶ月以内に解約すれば無料で視聴できます。違約金もありません。

NHK以外でNHKオンデマンドが観られるのは、UーNXETだけです。

エール(朝ドラ)を見逃し動画配信で視聴する方法はこれ!再放送日はいつ?2020年上半期の朝ドラ『エール』が放送されます。 激動の昭和という時代に、音楽の力で人と人とを結びつけたある夫婦の物語です。 ...

↑この記事で、おちょやんの再放送無料で動画を観る方法についてまとめています。
ぜひご覧ください。

<< 第63話 あらすじ 第65話 >>

\全話ネタバレはこちら/

あらすじ 第64話 3月4日(木)|予想

幼き日より、一平(成田凌)が恨んできた父・天海天海(茂山宗彦)のそぶりからは、到底想像できない事実を突き付けられた、一平と千代(杉咲花)。呆(ぼう)然としたまま、京都をあとにし、道頓堀の帰路につくのだった。

時を同じく、千之助(星田英利)も天海から口止めされていた事実を鶴亀家庭劇の座員たちに話し始める。

そして、天海と千之助の二人以外にこのことを唯一知っていたあの人も、一平と千代の帰りを待ちわびていた

引用:Yahoo!テレビ欄

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ【エール】の見逃し動画を無料で視聴する方法はこちら。

見逃し動画を観る
↑再放送もこちらで確認できます。

その他、スカーレット全話あらすじとキャスト記事も公開中。

あらすじ全話キャスト

スポンサーリンク