おかえりモネ

【おかえりモネ】ネタバレ第38話(7月7日)菅波からの電話|朝ドラあらすじ考察口コミ

スポンサーリンク

【おかえりモネ】ネタバレ|第38話 7月7日(水)

新次がいなくなり、百音と未知は心配します。

そこへ、新次が見つかったと連絡がきました。

かつて自宅があった場所で酔いつぶれていた新次。

耕治が担いで家に戻ります。

 

震災から数か月たったころ、耕治は新次にもう一度船に乗ることを勧めました。

新しい船を買う際に多額の借金をしましたが、また借金して船を買い直し、それで少しずつでも金を返していけばいいと耕治は説明します。

銀行員としてもサポートをすると約束する耕治。

しかし、結果として2人は決裂してしまいます。

新次はすでに他所で1000万円もの借金をしていたのです。

そのことを隠していたことが発覚。

結局、銀行の融資を受けることはできませんでした。

耕治は自分が新次のために何ができるかと悩みます。

その姿を黙って見ることしかできなかった百音。

 

百音は当時のことを思い出します。

そして今の自分に何ができるか自問自答する百音の元に、菅波から電話がかかってきました。

「縄跳びは3分ではなく、5分飛んだほうがいいようです」と話す菅波。

何も答えない百音の様子がおかしいことに気がついた菅波は、何かあったか尋ねました。

百音は、気象予報士試験に受かったからと言って何かできるとは思っていないこと、それでも受けて合格するしかないと考えることを話します。

すると菅波が「僕から何かいいアドバイスなどできませんが、聞くことはできます」と言ってくれます。

百音は「先生、私縄跳びを飛びます」と言い、今の自分にできることを始める百音でした。

<< 第37話 あらすじ 第39話 >>

\全話ネタバレはこちら/

【おかえりモネ】感想|第38話 7月7日(水)

新次さんが無事に見つかって本当に良かったです!

かつて自宅があった場所で酔いつぶれていたんですね。

悲しすぎますよ…。

突然の震災で愛する人を失い、船もなくして未来も希望もなくなってしまった新次。

周りのサポートも限界で、あとは自分でどうにか立ち直るしかないのですが…。

 

そんな時に菅波からの電話

和みましたね~♪

彼の声を聞いてホッとしました。

「何か言葉を掛けることはできないけれど、聞くことはできます」と言った菅波の優しさに心を打たれました

自分に何ができるのか自問自答を繰り返していた百音の頭の中が、縄跳びを飛ぶことで少し整理されるかもしれません。

縄とびは3分ではなく5分がいいそうです。

5分って結構長い…。

でも、私も今日から縄跳び始めたいと思います!

 

震災から全く立ち直れない新次。

百音は自分に何ができるのか模索し続けています。

これから彼らがどういった道を進むのか、次回も楽しみです!

<< 第37話 あらすじ 第39話 >>

\全話ネタバレはこちら/

【おかえりモネ】見逃し視聴/動画配信はU-NEXT

第38のおかえりモネを見逃したら、
U-NEXTで無料視聴するのがおすすめです。

おかえりモネはレンタル作品ですが、
無料で600円分のUーNEXTポイントがもらえ、そのポイントを使って見逃し分を視聴することができます!

▼「おかえりモネ」をU-NEXTで視聴したい方はこちら

U-NEXTは、1ヶ月以内に解約すれば無料で視聴できます。違約金もありません。

NHK以外でNHKオンデマンドが観られるのは、UーNXETだけです。

エール(朝ドラ)を見逃し動画配信で視聴する方法はこれ!再放送日はいつ?2020年上半期の朝ドラ『エール』が放送されます。 激動の昭和という時代に、音楽の力で人と人とを結びつけたある夫婦の物語です。 ...

↑この記事で、おかえりモネの再放送無料で動画を観る方法についてまとめています。
ぜひご覧ください。

<< 第37話 あらすじ 第39話 >>

\全話ネタバレはこちら/

あらすじ 第38話 7月7日(水)|予想

新次(浅野忠信)は、かつて自宅があった場所で酔いつぶれていたところを無事発見される。

震災から数か月たったころ、耕治(内野聖陽)は新次にもう一度船に乗ることを勧め、銀行員としてもサポートをすると約束していた。しかし、結果として2人は決裂してしまう。

百音(清原果耶)は、当時の耕治の悔しい様子を思い出して、今の自分に何ができるか自問自答する。すると、そこに菅波(坂口健太郎)から、電話がかかってくる。

引用:Yahoo!テレビ欄

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ【エール】の見逃し動画を無料で視聴する方法はこちら。

見逃し動画を観る
↑再放送もこちらで確認できます。

その他、スカーレット全話あらすじとキャスト記事も公開中。

あらすじ全話キャスト

スポンサーリンク