ブログ

ダサ眉になってない?ちょっとの工夫で垢抜けイマドキ眉を作ろう

ダサ眉になってない?ちょっとの工夫で垢抜けイマドキ眉を作ろう

メイクの中でも、簡単なように見えて実は難しいのが、眉毛。ただただ生えている方向に描けば良いというものではなく、ただ細く剃れば良いというものでもない、顔の印象を決めるとても大事なパーツなんです。今田美桜 眉毛に負けない目力で、バランスの取れたメイクをされていますよね。ファッションやヘアスタイルと同じように、眉毛にもトレンドがあります。この記事では、これまでのトレンド眉を振り返るとともに、2023年最新の垢抜けイマドキ眉の作り方を徹底解説していきます。

2023年の垢抜けイマドキ眉はコレだ!

  • やや細めのアーチ眉
  • 抜け感のある柔らかな色味
  • ナチュラルな毛流れを活かす

2023年のトレンド眉のポイントは上記の通り。マスク生活からも解き放たれ、顔全体を華やかに見せるメイクが流行るといわれています。マスク生活が主流だった頃は、目元だけで顔の印象を決める必要があったため、よりきめ細やかな眉メイクが意識されていました。マスクがなくなることで、眉を控えめに、顔全体のハイライトやリップなどでも華やかさを演出できるようになったので、昨年までの流行とはガラリと変わってくるでしょう。

垢抜けイマドキ眉の作り方

2023年のトレンド眉は、パウダーでナチュラルに仕上げ、眉マスカラで整えるのがマストだそう。眉ペンシルはあまり使われてなくなっており、最終調整で使うサブアイテムと化しています。

ナチュラルな印象を作り上げるということで、自眉が濃い人のほうが描きやすそうですね。形はアーチ眉で、顔全体を見たときに馴染むような印象を作ります。

カラーにもこだわろう

2023年のトレンドは、眉毛とアイシャドウの色を揃えること。並行眉が流行っていたときは、眉毛の印象を強くしすぎないために明るめカラーが主流でしたが、今年のトレンド眉はトータルバランスを考え、ふんわり優しい色を乗せましょう。

垢抜けるポイント

眉メイクで垢抜けるためには、以下のことに気を付けましょう。

  • 眉毛を抜きすぎない
  • 眉毛の細さは、目の縦幅の3分の1~3分の2程度

今までに流行った眉を振り返ってみよう

1980年代:太眉

平野ノラさんをイメージすると分かりやすい、当時の太眉。肩パッドの入ったスーツを着る女性が増え、キャリアウーマンという言葉も流行り始めた頃だということで、眉毛にもその強い女性像が表れていました。

1990年代:細眉

引退した元歌手・安室奈美恵さんが火をつけた、細眉ブーム。極端に細く、アイブロウライナーで1回シュッと、線を引いたようなシンプルな形が印象的でしたね。濃いアイメイクも流行った年代ということで、細眉で目力を際立たせるという効果もあったそうです。

2000年代:眉カラーリング

2000年に入ると、眉毛の形というよりは「カラーリング」に注目されるようになります。引き続き安室奈美恵さん、そして平成の歌姫・浜崎あゆみさんをお手本に、髪の色と合わせて眉毛も派手色に染める女性が増えました。

2010年代:平行太眉

2010年代になると、韓国女性を意識した「オルチャンメイク」が流行するように。自眉を活かした平行太眉で、よりナチュラルメイクを引き立てる女性が多かったですよね。ここから、少しずつ「垢抜け眉」という概念が生まれます。

まとめ

2023年のトレンド眉は、マスクをしない生活を前提としたメイクに基づいているようです。マスク生活は窮屈でしたが、アイブロウとアイメイクだけで顔の印象を作れたことは、一部の人にとってラッキーだったかもしれません。ところが、マスク人口が減っていくにつれ、チークやリップ、ハイライトなど、顔全体で勝負しなければいけない場面もあるでしょう。そんなときのために、トレンド眉はチェックしておくことをおすすめします。細眉・太眉という極端な形ではなく、あくまでナチュラルなアーチ眉ということで、メイク慣れしていなくてもトライしやすいトレンドになっていますよ。

朝ドラ【エール】の見逃し動画を無料で視聴する方法はこちら。

見逃し動画を観る
↑再放送もこちらで確認できます。

その他、スカーレット全話あらすじとキャスト記事も公開中。

あらすじ全話キャスト