おちょやん

【おちょやん】ネタバレ第16話(12月21日)テルヲとの再会|朝ドラあらすじ考察口コミ

スポンサーリンク

【おちょやん】ネタバレ|第16話 12月21日(月)

8年ぶりにテルヲと再会する千代。

千代は黙って夜逃げをしたテルヲを責め、まくしたてました。

 

夜逃げをした後、子どもを産んだ栗子は赤子を連れて出て行き、今はヨシヲと二人で暮らしていると話すテルヲ。

「お前の次の働き口も見つけてるから、昔と同じように家族で暮らそ!」と言います。

しかし千代は岡安で働くことを決めたところです。

テルヲが昔のことを恨んでいるのか尋ねると、千代は「一生許さへん。恨んでる!」と言いました。

でも本当は、千代は心の中でうれしく思っていました。

自分を捨てた父親でも、一緒に暮らそうと言われてうれしくて、またヨシヲに会えるのかと心を躍らせる千代。

そんな千代の気持ちを知ってから知らずか、テルヲは「また四・五日したら迎えに来るから…」と言って出て行きます。

 

一方、天海一座が道頓堀へと帰ってきます。

久々に再会した一平は、芸子遊びばかりで芝居に真剣に取り組んでいるようには見えません。

この日の夜も、岡安を抜け出して遊びに行こうとする一平。

千代が「いつまでたっても二代目の名を継ぐことはできないよ。」と言いますが、一平は聞く耳を持ちません。

 

一平は、引き止める千代を無視して酒を飲みに出かけます。

するとそこにはテルヲの姿がありました。

知り合いらしき人物に、「娘を売って金を作る。」と話すテルヲ。

その翌日、千代に会いに来るテルヲの姿がありました。

<< 第15話 あらすじ 第17話 >>

\全話ネタバレはこちら/

【おちょやん】感想|第16話 12月21日(月)

テルヲを演じるトータス松本さんがどんどん嫌いになる…。

でもこれは役柄ですからね!トータス松本さんはそんな悪い人じゃない…と分かっていても、憎くてしょうがない!

どうやら栗子は出て行ったようで、今はヨシヲと二人暮らしをしているテルヲ。

でもこれって、本当の事でしょうか?

ヨシヲも奉公にすぐに出してそうで、テルヲがをついているのではないかと思います。

借金取りらしき人物に、娘を売って金を作るような話をしていましたね。

テルヲはいったいどういうつもりなのでしょうか?

どこまで千代を傷つけたら気がすむのか…。(泣)

千代は一緒に住もうと言われて素直に喜んでいたのに、ひどすぎます!

 

一方天海一平が帰ってきましたね。

父親の天海がいた頃に比べると、すっかり人気がなくなった様子の天海一座。

一平は遊んでばかりのようですし、大丈夫でしょうか?

一平のこれからも気になりますが、やっぱり気になるのは千代のこと。

彼女がこれからどうなるのか、次回も見逃せません!

<< 第15話 あらすじ 第17話 >>

\全話ネタバレはこちら/

【おちょやん】見逃し視聴/動画配信はU-NEXT

第16のおちょやんを見逃したら、
U-NEXTで無料視聴するのがおすすめです。

おちょやんはレンタル作品ですが、
無料で600円分のUーNEXTポイントがもらえ、そのポイントを使って見逃し分を視聴することができます!

▼「おちょやん」をU-NEXTで視聴したい方はこちら

U-NEXTは、1ヶ月以内に解約すれば無料で視聴できます。違約金もありません。

NHK以外でNHKオンデマンドが観られるのは、UーNXETだけです。

エール(朝ドラ)を見逃し動画配信で視聴する方法はこれ!再放送日はいつ?2020年上半期の朝ドラ『エール』が放送されます。 激動の昭和という時代に、音楽の力で人と人とを結びつけたある夫婦の物語です。 ...

↑この記事で、おちょやんの再放送無料で動画を観る方法についてまとめています。
ぜひご覧ください。

<< 第15話 あらすじ 第17話 >>

\全話ネタバレはこちら/

あらすじ 第16話 12月21日(月)|予想

千代(杉咲花)が芝居茶屋「岡安」で奉公して8年が経ち、年季が明けた千代は、そのまま岡安で働くことを決めた。

その矢先、父テルヲ(トータス松本)が突然、千代の前に現れる。テルヲは千代に一緒に暮らそうと持ちかけるのだった。

その頃、天海一平(成田凌)と須賀廼家千之助(星田英利)の天海一座が久しぶりに道頓堀に戻ってきた。久々に再会した一平は、芸子遊びばかりで、芝居に真剣に取り組んでいるようには見えなかった。

引用:Yahoo!テレビ欄

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ【エール】の見逃し動画を無料で視聴する方法はこちら。

見逃し動画を観る
↑再放送もこちらで確認できます。

その他、スカーレット全話あらすじとキャスト記事も公開中。

あらすじ全話キャスト

スポンサーリンク