スカーレット

スカーレット第5話(10月4日)|あらすじ・ネタバレ・考察

スポンサーリンク

第5話 10月4日(金) はじめまして信楽

その夜、絵を描いたまま寝てしまった喜美子。初めて滋賀に来て時に見た、琵琶湖の絵を描きました。喜美子が描いたものを見て、草間は「すごい!」と褒めてくれます。草間から褒められた喜美子は、上機嫌になった学校に行くのを忘れるくらい描くことに没頭します。

その夜、忠信と一緒に酒を飲んで酔っ払った常治を迎えに行く喜美子。この日、学校を休んだ喜美子は常治から怒られると思っていましたが、常治は「女に学問はいらない」と言い切ります。その頃、草間は一枚の写真を見ていました。寂しそうな目で、写真にうつる女性を見つめる草間

次の日も喜美子は絵を描き続け、学校の授業中も描いてそして夕方、ようやく完成した絵を集めて、紙芝居にして直子やマツ、そして草間の前で披露しました。マツは感心し、草間は拍手をしてくれました。たった数枚ですが、直子のために紙芝居を作った喜美子。そこへ常治が帰ってきました。常治は「ただの落書きや」と言い捨てます。傷ついた喜美子は持っていた紙芝居を放り捨て、勉強を教えてくれるという照子の家に走っていくのでした。そして数日後、草間は喜美子がいない間に家を出ていきます。しかし喜美子宛の手紙を残してくれていた草間。その手紙をまだ時は読めない喜美子ですが、草間の字を見て涙するのでした。

スポンサーリンク