おちょやん

【おちょやん】ネタバレ第76話(3月22日)寛治を預かる|朝ドラあらすじ考察口コミ

スポンサーリンク

【おちょやん】ネタバレ|第76話 3月22日(月)

昭和12年、夏に始まった日中戦争で勝ち続けお国全体が沸いている日本。

テルヲがなくなってから5年が経ち、千代は30歳になっていました。

一平との間にはまだ子どもはいませんが、鶴亀家庭劇の団員たちを世話する千代はそれなりに充実しています。

 

この日、千代は岡安を訪れていました。

以前、テルヲの借金を肩代わりしてくれたシズにお金をようやく返済することができます。

その後、芝居のための準備をする千代。

この頃鶴亀家庭劇では、戦争を題材とした愛国ものの芝居「頑張れ!集配婆さん」が人気となっていました。

戦争に行った子どもにかわって、手紙の集配をしているおばあさんのお話です。

時勢とあったこのお芝居は千秋楽まで満員。

一平たちが満足して楽屋に戻ると、そこに一人の男が部屋を物色していました。

千代は「泥棒!」と叫びます。

すると支配人がやってきて、彼のことを紹介してくれました。

彼の名は松島寛治

父親を亡くし、身寄りのない彼を一か月ほど預かってほしいと社長から命令があります。

一平は嫌がりますが、行く当てのない寛治を千代は家で預かることにしました。

 

この日の夜、夕食の用意を手伝っていた寛治はせっかく用意したご飯をすべてこぼしてしまいます。

泣いて詫びる寛治に、火傷をしなかったかと気遣う千代。

翌朝、洗濯を手伝っていた寛治ですが、千代の目を盗んで外へ遊びに行こうとします。

千代は「こらー!」と怒り、寛治は走って逃げていくのでした。

<< 第75話 あらすじ 第77話 >>

\全話ネタバレはこちら/

【おちょやん】感想|第76話 3月22日(月)

30歳になった千代と一平の間には、まだ子どもはいないようです。

それでも二人が幸せそうに暮らしていて本当に良かった~♪

一平の酒癖はあれからどうでしょうか?

まだ毎晩飲み歩いていなければいいなと思いました。

相変わらずお世話好きの千代は、鶴亀家庭劇の座員のお母さんのような感じになっていましたね。

忙しくしていても笑顔を絶やさない千代は本当に素敵な女性です。

 

そんな彼らの元にやって来た寛治

何だか不思議な少年です。

天真爛漫なように見えるのですが、実は裏に何か潜んでいそうな気がします…。

いったいなぜ大山社長は千代たちに彼を預けたのか?

そこが気になりました!

 

今週は高城百合子と小暮が登場します。

今回は登場がなかったので、次回でしょうか?

二人とも久しぶりの登場になるので今からワクワクしますね!

<< 第75話 あらすじ 第77話 >>

\全話ネタバレはこちら/

【おちょやん】見逃し視聴/動画配信はU-NEXT

第76のおちょやんを見逃したら、
U-NEXTで無料視聴するのがおすすめです。

おちょやんはレンタル作品ですが、
無料で600円分のUーNEXTポイントがもらえ、そのポイントを使って見逃し分を視聴することができます!

▼「おちょやん」をU-NEXTで視聴したい方はこちら

U-NEXTは、1ヶ月以内に解約すれば無料で視聴できます。違約金もありません。

NHK以外でNHKオンデマンドが観られるのは、UーNXETだけです。

エール(朝ドラ)を見逃し動画配信で視聴する方法はこれ!再放送日はいつ?2020年上半期の朝ドラ『エール』が放送されます。 激動の昭和という時代に、音楽の力で人と人とを結びつけたある夫婦の物語です。 ...

↑この記事で、おちょやんの再放送無料で動画を観る方法についてまとめています。
ぜひご覧ください。

<< 第75話 あらすじ 第77話 >>

\全話ネタバレはこちら/

あらすじ 第76話 3月22日(月)|予想

父のテルヲ(トータス松本)が亡くなって5年、千代(杉咲花)は30歳になった。昭和12年、夏に始まった日中戦争で日本軍は勝ち続け、日本中が沸いていた。

鶴亀家庭劇でも戦争を題材とした愛国ものの芝居「頑張れ!集配婆さん」が人気となっていた。千代は一平と相変わらずの二人暮らしだが、鶴亀家庭劇の団員たちを世話し、舞台に出れば大盛況の毎日は、それなりに充実していた。

千秋楽、楽屋に戻ると男が部屋を物色していて…

引用:Yahoo!テレビ欄

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ【エール】の見逃し動画を無料で視聴する方法はこちら。

見逃し動画を観る
↑再放送もこちらで確認できます。

その他、スカーレット全話あらすじとキャスト記事も公開中。

あらすじ全話キャスト

スポンサーリンク