スカーレット

スカーレット第18話(10月19日)|あらすじ・ネタバレ・考察

スポンサーリンク

第18話 10月19日(土) ビバ!大阪新生活

初めての給料は、全額実家に送ることに決めていた喜美子。信楽の家では喜美子からお金が届いて、常治たちは大喜びします。しかしたった千円しか入っておらず、驚き声が出ない常治。

毎日のように遅く帰ってくるちや子の会社では、同僚がどんどん他社に引き抜かれて困っていました。翌日はさだの下着ショーの日です。初めて休みをもらって、喜美子は下着ショーを見に行きます。信作の母が作ってくれたブラウスとスカートを着て、靴はちや子が貸してくれました。ちや子と下着ショーに出かける前に、ちや子が務める新聞社を訪れる喜美子。車内は男性ばかりで、喜美子は圧倒されます。机の上には汚れた茶のみがあり、気になった喜美子はそれを洗ってきれいにしました。その後、持ってきた焼き物のかけらをちや子の上司に渡して、価値がありそうかを見てもらう喜美子。するとちや子の上司が、「大学の教授に見せて、鑑定してもらお」と言ってくれて、預けることにしました。

その後、下着ショーに出かけた喜美子。ちや子はその様子を取材して、喜美子は初めて見る華やかな世界に胸躍らせます。その後、荒木荘の近くにできた歌える喫茶へ行ったちや子と喜美子。急に歌が聞こえてきて振り返ると、そこには雄太郎の姿がありました。驚く喜美子でしたが、雄太郎はいたって冷静に歌っています。一方上司に下着ショーの取材のことで電話をかけていたちや子が、喜美子に「引き抜きや!」と駆け寄って来ます。ちや子の事務所で、喜美子に働いてほしいと言われるのでした。

 

 

スポンサーリンク