スカーレット

スカーレット第17話(10月18日)|あらすじ・ネタバレ・考察

スポンサーリンク

第17話 10月18日(金) ビバ!大阪新生活

荒木荘に来て一月後、ようやく仕事の合間に一息つける時間ができた喜美子。大好きな絵を描いたりできる時間ができました。しかしある日、大久保からストッキングの破れの修復を頼まれます。丁寧にしないとすぐにストッキングは破れてしまい、しかも段ボールにいっぱい入っています。喜美子は、「これは荒木荘の仕事ですか?」と尋ねますが、大久保は何も言いません。

夜中遅くまでストッキングを直していた喜美子は、その翌日寝過ごしてしまい大久保から叱られてしまいます。そして新たにストッキングの追加を頼まれ、ストレスのたまった喜美子は枕を大久保に見立てて背負い投げして怒りを鎮めました。

そんなある日、荒木商事を訪れた喜美子に、さだが初めての給金を渡しました。喜美子はいくら入ってくるのかと中身を確認すると、千円札が一枚しか入っていません。喜美子が驚いていると、さだが大久保の下で働いている限りは一人前の給金は渡せないのだと説明します。この時代の大卒の給料は6000円ほどで、喜美子はたった千円しかもらえず落ち込みました。そして荒木荘に戻った喜美子は、部屋に山積みににされたストッキングを見て、ふつふつと怒りがこみ上げ、またしても枕を投げて気持ちを落ち着かせるのでした。

スポンサーリンク