スカーレット

スカーレット第19話(10月21日)|あらすじ・ネタバレ・考察

スポンサーリンク

第19話 10月21日(月) 一人前になるまでは

新聞社で湯呑を洗い、テキパキと片付けをした喜美子を見たちや子の上司が、喜美子を引き抜きたいと言い出します。今の給料の五倍は出してもらえると知り、新聞社で働くことを即決する喜美子。しかしちや子は、答えはじっくり考えてから出すよう喜美子を落ち着かせます。もし女中の仕事を辞めることになれば、荒木荘を出ていくことになり、住む場所から考えないといけません。

「父に相談しないと…」と言う喜美子に、ちや子は自分で考えて答えを出してから父親には報告すればいいのだと話しました。荒木荘とは全く違う生活が始まりそうで、うきうきする喜美子が荒木荘に帰ると、大久保から下着ショーのことを尋ねられます。しかし喜美子の頭の中は、新たな生活のことばかりです。

その日、喜美子は荒木荘を辞めて新聞社で働こうか悩んでいることを圭介に相談しました。
圭介は大反対しますが、喜美子は「新聞社で働けば、今の五倍も給料をもらえる」と言い、新聞社で働く気満々です。すると雄太郎が、「試しに一日、新聞社で働かせてもらえば?」と発言し、早速実行にうつすことにしました。そのために雄太郎は仮病のふりをして、喜美子は病院へ連れて行く芝居をします。新聞社に着いた喜美子は、早速掃除や片付けを始めるのでした。

スポンサーリンク