スカーレット

スカーレット第3話(10月2日)|あらすじ・ネタバレ・考察

スポンサーリンク

第3話 10月2日(水) はじめまして信楽

新しい学校生活には給食の時間がありました。まだ週二回の補助食程度ですが、喜美子は給食を食べることができて大満足です。みんなは家からおにぎりを持参し、お金もちの照子はパンを食べています。そんな照子を羨ましそうに見つめる喜美子。その頃、喜美子の母・マツは信作の母から給食費が必要なことを聞かされ、驚いていました。お金がない喜美子の家では、給食費を払えず、もしかすると給食を食べれなくなるかもしれません。

学校から帰った喜美子が洗濯板で服を洗っていると、そこへ常治が帰ってきました。たくさんの食品を持って帰ってきた常治は、若い男性を連れて帰ってきました。縁側に座り、ボーっとしている男性。彼の名前は、草間宗一郎と言います。東京で生まれ育ち、大阪の大学を出た草間は、戦寺中は満州にいたことを喜美子たちに話しました。喜美子が作ったおかゆを二口しか食べない草間。元気がなく、活気がありません

翌日、リヤカーを引いて丸熊陶業に来た常治は、これからは火鉢の運送の仕事をすることになります。一方学校から帰った喜美子は、マツから給食代を払えず給食を食べることができなくなりかもしれないと聞かされました。草間が一人増えたことでこれまで以上に苦しい生活になり、それを知った喜美子は、草間を探して走り出すのでした。

スポンサーリンク