スカーレット

スカーレット第40話(11月14日)|あらすじ・ネタバレ・考察

スポンサーリンク

第40話 11月14日(木) 弟子にしてください!

喜美子が絵付けをしたがっていることを知ったマツは、信作の母に相談します。すると、他の陶業で絵付けを教えてくれると、信作の母は調べてくれていました。信作の母はさっそく電話で問い合わせてみるよう、マツに話します。その夜、「他の陶業で、絵付けを週に1回くらいであれば、喜美子に教えてくれるところがある」と、喜美子に伝えるマツ。マツは自分から常治を説得するので、心配はいらないと喜美子に言います。そこへ常治が帰ってきました。

常治の後ろには、男性がいます。その男性を喜美子の結婚相手にすると言い出す常治。喜美子は焦ります。するとその男性が「自分には心に決めた人がいるので、結婚話はなかったことに…」と言って頭を下げ、逃げるように家から出ていきました。喜美子は呆れかえり、自分は当分結婚する気などないと言いました。そして、「自分にもやりたいことがある」と、言ってしまう喜美子。

すると常治が「やりたい事ってなんや?」と言い、いつものように二人は言い争いになってしまいます。そして、怒った喜美子は「一生結婚はしない!」と言い切ってしまいます。マツは常治を落ち着かせるために酒を持ってきて、喜美子に絵付けを習わせたいと話をしました。しかし常治は納得せず、許しを得ることはできませんでした。翌日、常治を説得できなかったことを謝るマツ。すると喜美子は、自分なりに考えたことを話し始めるのでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スカーレット見逃し動画を無料で視聴する方法はこちら。

見逃し動画を観る
↑再放送もこちらで確認できます。

その他、スカーレット全話あらすじとキャスト記事も公開中。

あらすじ全話キャスト

スポンサーリンク