スカーレット

スカーレット第9話(10月9日)|あらすじ・ネタバレ・考察

スポンサーリンク

第9話 10月9日(水) 意地と誇りの旅立ち

柔道の基本を教え、相手を敬う草間流柔道を教える草間。喜美子たちは、真剣に学び毎日練習に励みます。毎日へとへとになるまで練習を重ねる喜美子たち。その帰り道、照子は「内緒やで」と言いながら、婦人警官になるのが夢だと語りました。この時代、婦人警官は女性憧れの職業です。喜美子には夢がなく、「自分はおいしく大根が炊けるかどうかの方が大事や」と話す喜美子。

この頃、滋賀の草津では人さらいが出て世間を騒がせていました。警官から注意するよう言われ、怖くなる喜美子。そして、喜美子たちに柔道を教えていた草間ですが、そろそろ東京に帰ろうと考えていました。草間には、先に満州から日本に帰国していた妻がいます。そしてその妻を探していました。大阪で見つからなかったため、今度は東京で妻を探すつもりです。それを聞いた喜美子は、「早く見つけないと奥さんカンカンやで!」と言って、草間を笑わせます。妻が生きていると信じる喜美子に元気をもらい、草間は妻が写る写真を見せてくれました。

一方その頃、大きなカバンを抱えて山の中を一人で走る照子。その後を一人の男性が追います。そして喜美子が柔道の練習をしている時、血相を変えた照子の母が柔道に駆け込んできて、「照子がいないんです!」と叫ぶのでした。

スポンサーリンク