エール

【エール】ネタバレ第11話(4月13日)自由気ままな大学生|朝ドラあらすじ考察口コミ

スポンサーリンク

【エール】ネタバレ|第11話 4月13日(月)

大正15年、商業学校に通う裕一は授業そっちのけで音楽に夢中になり、留年して2度目の4年生となっていました。

当時大流行したハーモニカ倶楽部に入った裕一に、ある日会長が「作曲をしてみないか?」と声を掛けます。

部員の投票で選ばれれば、演奏会で披露することができます。

裕一はさっそく家に帰り、まさが買ってくれた卓状ピアノで作曲を始めました。

呉服店の長男に生まれたにもかかわらず、家業のことを気にせず自分の好きな音楽ばかりしている裕一。

そんな兄の姿を見て、弟の浩二は両親が甘すぎるからだと反発します。

昔から自分よりも兄である裕一のほうが、両親からの愛情を受けていると不服に思っている浩二。

当時は実家が商売をしている息子は商業学校で学ぶのが普通でしたが、浩二は高等学校を目指すと言い出します。

そのことを兄の裕一に相談するのですが、作曲に夢中の裕一は「そっか~」とまったく興味がなさそうです。

 

一方、商売を立て直そうとする三郎に、吉野という京都の業者がもうけ話を持ち掛けます。

京都の呉服を一手に引き受けることにした三郎は、めずらしく商売にやる気を出していました。

その頃、後継ぎ問題に焦る茂兵衛。

 

翌日、ハーモニカ倶楽部の会長は、裕一に倶楽部を辞めることを伝えます。

プロの音楽家になると言っていた会長が、音楽の道を諦めて実家の家業を継ぐと知った裕一は驚きました。

会長は、裕一にとって目標の人です。

「君は本気で音楽家になるつもりなのか?」と、会長は問います。

会長は、「ちゃんとした音楽も学んでいない君が、どうやって音楽家になるんだ?」と裕一を馬鹿にして、「身の程を知ったほうがいい。」とまで言いました。

家に帰ってからも会長の言葉が頭から離れない裕一。

苛立ちを感じ、作曲が思うように進みません。

そして茫然とする裕一の部屋に、三郎が入ってきました。

三郎は、裕一に家業を継ぐ気はないのか尋ねます。

突然父親からそんなことを言われて裕一は焦りますが、三郎はこれからもを追い続けるよう励まし部屋を出てきました。

しかし実はこの日、茂兵衛から養子の話をされていました。

「もし養子に出さなければ、絶縁する!」とまで言われていましたが、二人の息子を養子に出す気はありません。

そんなこととは全く知らない裕一は、学校の教師から「今度は留年ではなく落第だ!」と叱られているのでした。

<< 第10 あらすじ 第12話 >>

\全話ネタバレはこちら/

【エール】感想|第11話 4月13日(月)

留年するくらい音楽に夢中な裕一を見て、彼らしいと感じてしまいました。

他人事だから笑って済ませられますけど、自分の子供だったらメチャクチャ怒りますよ。(笑)

三郎やまさが寛容でよかったですね♪

音楽が好きなのはいいですが、勉強も大事です。

ほどほどにしてくださいね!

 

留年しても音楽にのめり込む裕一を見て、弟の浩二は呆れていました…。

昔から兄の方が優遇されていると感じ、不服そうでしたもんね。

親からすれば、どちらかをえこひいきしているつもりなんてないのですが…。

せっかく浩二が「高等学校に進もうかと思っている…」と相談しているのに、裕一のそっけない返事。

裕一の頭の中はいつでも音楽のことでいっぱいで、こんなことばかりしているといつか弟から見向きもされなくなるのではないかと心配です。

 

養子の話のことも自分には関係ないと言わんばかりの裕一。

茂兵衛からは「絶縁する!」とまで言われており、しかも三郎は変な商売に手を出しています。

それに裕一は今度は落第するかもしれず、不安要素が多すぎです…。

ハーモニカ倶楽部の部長からは「本気で音楽の道に進むつもりなのか?」とバカにされて苛立つ裕一ですが、もう少し周りに目を向けてほしいと思います。

今週は「いばらの道」で、これからもたくさんの問題が浮上してきそうですね。

次回は学業に専念している裕一を期待しています!

<< 第10 あらすじ 第12話 >>

\全話ネタバレはこちら/

【エール】ネタバレ予想編|第11話 4月13日(月)

裕一(窪田正孝)は、福島の商業学校の4年生。

当時大流行したハーモニカの倶楽部に入って、授業そっちのけで音楽に夢中の毎日を送っていたせいで留年し、2度目の4年生だった。

長男でありながら家業のことを気にせず自分の好きなことばかりやる自由な裕一の姿勢に、弟の浩二(佐久本宝)は反発するが…。

一方、商売を立て直そうとする三郎(唐沢寿明)に吉野(田口浩正)という京都の業者がもうけ話を持ち掛ける。

引用:Yahoo!テレビ欄

【エール】みんなの感想|第11話 4月13日(月)

朝ドラエール、子役ちゃんたちが可愛すぎて大人たちから強く当られたりしてると辛くて見てられない…と思ってたけどいざ大人になってしまうと子役たちに会いたい………可愛かった………となる

うちのじいさん(昭和一桁生まれ)もハーモニカ得意だなあ。同年代の伊東四朗さんもファミリーヒストリーで腕前を披露してたし、戦前はハーモニカが隆盛だったんかねえ #朝ドラエール

子役から代わってみごとに同じ雰囲気をまとって引き継いだ窪田さんの演技がすごいなと。そのまま大きくなかったかのごとく違和感なし。そして17歳役可愛い。 #朝ドラエール

自分が手にできなかった夢に自ら泥を塗り、それに憧れる若人を貶めて自分の気持ちに帳尻を合わせようとする。会長の弱さはひどく人間臭い。そして幸せになれない。
#朝ドラエール

裕一さんは世間知らずが故に真っ直ぐなんだなぁ・・・お父さんはそれを分かってて応援してくれてるのよね。
#朝ドラエール

#エール 第11回

裕一さん
音楽というお花畑で
ふわふわしてる分、
笑顔がめっちゃかわいい💗
けど
息子を想うお父さんの笑顔が
余計に切ないなぁ…

#朝ドラエール

うん、何?
あっそう!
いいんじゃない。
えっ!
やだよ、僕!
ごめん!
ありがとう。
短い台詞って簡単なようで下手な人が話すと不自然なんだけど、ちゃんと裕一が話してるんだよなぁ〜
#朝ドラエール #窪田正孝

会長も夢焦がれていたけれど、東京で才能の集まりに触れ自信喪失した矢先に実家を継ぐ状況に陥り、プロになりたい気持ちにどうにか帳尻を付けて今の会長が出来上がってるんじゃないかな…だから裕一に「目標だったのに」って瞳で見られるとキツくてカチンときて強い言葉になっちゃう #朝ドラエール

会長は「楠田はバスだ」と言った。
それは単に会長が、史郎には主旋律よりバスが向いてると思って任命してるからじゃないかなあ。まずは自分の向いてる方(バス)をこちらが満足するまで練習しろ話はそれからだ。という意なのでは。東京で厳しさを見てきた会長にすれば何言ってんだという #朝ドラエール

廊下に立たせたら余計に落ちこぼれるだけだと思うんで、マンツーマンの放課後居残りさせたらいかが
#朝ドラエール

<< 第10 あらすじ 第12話 >>

\全話ネタバレはこちら/

【エール】見逃し視聴/動画配信はU-NEXT

第11話のエールを見逃したら、
U-NEXTで無料視聴するのがおすすめです。

エールはレンタル作品ですが、
無料で600円分のUーNEXTポイントがもらえ、そのポイントを使って見逃し分を視聴することができます!

▼「エール」をU-NEXTで視聴したい方はこちら

U-NEXTは、1ヶ月以内に解約すれば無料で視聴できます。違約金もありません。

NHK以外でNHKオンデマンドが観られるのは、UーNXETだけです。

エール(朝ドラ)を見逃し動画配信で視聴する方法はこれ!再放送日はいつ?2020年上半期の朝ドラ『エール』が放送されます。 激動の昭和という時代に、音楽の力で人と人とを結びつけたある夫婦の物語です。 ...

↑この記事で、エールの再放送無料で動画を観る方法についてまとめています。
ぜひご覧ください。

<< 第10 あらすじ 第12話 >>

\全話ネタバレはこちら/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ【エール】の見逃し動画を無料で視聴する方法はこちら。

見逃し動画を観る
↑再放送もこちらで確認できます。

その他、スカーレット全話あらすじとキャスト記事も公開中。

あらすじ全話キャスト

スポンサーリンク