おちょやん

【おちょやん】ネタバレ第37話(1月26日)新作映画の主演|朝ドラあらすじ考察口コミ

スポンサーリンク

【おちょやん】ネタバレ|第37話 1月26日(火)

テルヲは撮影所の所長・片金に直談判し、千代を売り込みます。

その後撮影現場で無茶をしでかし、撮影中止に追い込むテルヲ。

千代は「これ以上いらんことせんといて!」と、テルヲにきつく言い聞かせます。

そんな時、千代は新作映画の主演を選ぶ試験があることを知りました。

 

試験の日がやってきました。

鶴亀の社長たちの前で演技をする千代。

途中でハプニングが起きますが、千代はそのまま演技を続けました。

試験を終えた千代は、脚本を書いている小暮の元に向かいます。

彼は、次の脚本がダメなら東京へ戻ることを決めていました。

 

後日、試験結果が張り出されます。

そこには、『該当者なし』と書かれていました。

選ばれたのは、撮影所とつながりのある父親をもつ娘です。

これまでも彼女を主演とした活動写真は何本もとられており、結局試験をした意味がなかったと知る千代。

落ちこむ千代でしたが、一方のテルヲは怒って所長のところに押し掛けます。

所長室には、所長と社長もいました。

テルヲは「なんやこんな茶番!うちの娘は絶対にいい女優になる。この先有名になったら、土下座させたるからな!」と啖呵をきります。

そんなテルヲを投げ飛ばす所長。

 

千代はケガをしたテルヲを介抱します。

自分のために所長や社長に詰め寄ってくれたテルヲに、千代は少しうれしくなるのでした。

<< 第36話 あらすじ 第38話 >>

\全話ネタバレはこちら/

【おちょやん】感想|第37話 1月26日(火)

テルヲは本当に困った父親ですね…。

所長のことをカフェーの割引券で買収できると思ったのでしょうか?

情けない父親です。

 

そんな困った父親のことを千代は見捨てられないようです。

道頓堀であんな大変な目に合わされたっていうのに、千代は本当にやさしい子

このまま何気ない日常が、過ぎてくれればいいのですが、そんなにうまくはいかないのだろうと考えます。

テルヲは訳あって千代のところへ来たはず!

一緒に暮らしたいから来たとは思えません。

これからテルヲの本性が出るのが恐ろしすぎます…。

せっかく社長や所長の前で千代への愛を述べたのだから、このままいいお父ちゃんのままでいてほしい!

 

これまでは中堅どころの役柄をもらっていた千代ですが、テルヲが社長に啖呵を切ったせいで、役がもらえなくなる可能性があります。

それでなくても経営難で、大部屋女優たちはリストラ対象なのに、千代はどうなるのか心配です。

このまま撮影所にいても、大女優への道は見えてこないと分かった千代。

これからどうするのか気になります。

<< 第36話 あらすじ 第38話 >>

\全話ネタバレはこちら/

【おちょやん】見逃し視聴/動画配信はU-NEXT

第37のおちょやんを見逃したら、
U-NEXTで無料視聴するのがおすすめです。

おちょやんはレンタル作品ですが、
無料で600円分のUーNEXTポイントがもらえ、そのポイントを使って見逃し分を視聴することができます!

▼「おちょやん」をU-NEXTで視聴したい方はこちら

U-NEXTは、1ヶ月以内に解約すれば無料で視聴できます。違約金もありません。

NHK以外でNHKオンデマンドが観られるのは、UーNXETだけです。

エール(朝ドラ)を見逃し動画配信で視聴する方法はこれ!再放送日はいつ?2020年上半期の朝ドラ『エール』が放送されます。 激動の昭和という時代に、音楽の力で人と人とを結びつけたある夫婦の物語です。 ...

↑この記事で、おちょやんの再放送無料で動画を観る方法についてまとめています。
ぜひご覧ください。

<< 第36話 あらすじ 第38話 >>

\全話ネタバレはこちら/

あらすじ 第37話 1月26日(火)|予想

鶴亀撮影所を訪ねてきた父・テルヲ(トータス松本)から性懲りもなく、一緒に暮らそうと言われ、断る千代(杉咲花)だった。とはいえ結局は見捨てられず、一晩だけカフェーに泊めてしまう。

テルヲは翌日も押し掛け、所長の片金(六角精児)に直談判し、千代を売り込む。さらには撮影現場をも巻きこむ無茶をしでかし、千代は尻ぬぐいをする羽目に…。

そんな時、小暮(若葉竜也)が新作映画の主演を選ぶ試験の話を持ってくるのだが…

引用:Yahoo!テレビ欄

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ【エール】の見逃し動画を無料で視聴する方法はこちら。

見逃し動画を観る
↑再放送もこちらで確認できます。

その他、スカーレット全話あらすじとキャスト記事も公開中。

あらすじ全話キャスト

スポンサーリンク