スカーレット

スカーレット第46話(11月21日)|あらすじ・ネタバレ・考察

スポンサーリンク

『スカーレット』あらすじ|第46話 11月21日(木)

敏春の提案で若い社員を雇うこととなり、丸熊陶業に新しい社員が入ってきました。
しかしこれまでいた古い陶工は、自分たちは辞めさせられるのではないかと、ひそひそ噂話をします。

新入社員の三人のうちの一人・十代田八郎は、素朴な感じの真面目そうな男です。
喜美子のいる絵付け部屋にも挨拶にやって来て、自己紹介をするのですが、十代田は深野を見つけると緊張して何も言えなくなってしまいました。

その後、新入社員の三人は敏春に連れられて商品開発室へ行きます。
生活用品等、新たな分野での商品を考えて、開発することとなる三人に、「期待している」と言って敏春は部屋を出ていきました。

食堂では、信作が火まつりのポスターを貼っていました。そこへ喜美子がやって来ます。
すると十代田もやって来て、ポスターを見た十代田は火祭りについて信作にたずねました。
火まつりでは、松明を担いで神様に火を奉納します。
年代も近い三人はすぐに意気投合し、仲良くなります。

その頃、照子と母親はそろそろ世代交代をして、敏春に社長業を譲ってはどうかと秀男を説得していました。
「敏春さんは亡き兄ではなく、もう代わりにするのはやめよう」と言う照子。
そして、敏春がすすめる新しいデザインを今度の火鉢に採用しようと持ち掛けます。
照子は、そのデザインが喜美子が描いたとは知りません。
秀男から喜美子が描いたものだと聞かされ、しかもそのデザインを火鉢に採用すると言われて、照子は大急ぎでそのことを喜美子に伝えるのでした。

スポンサーリンク