エール

【エール】ネタバレ第34話(5月14日)プリンス久志との再会|朝ドラあらすじ考察口コミ

スポンサーリンク

【エール】ネタバレ|第34話 5月14日(木)

裕一と久々の再会を果たした久志は、彼がレコード会社の専属作曲家になっていると知って「自分の目は正しかった。」と嬉しそうに話します。

仕事はどうかと尋ねる久志に、裕一はなかなか曲が採用されないことを打ち明けました。

すると「いつか必ず道は開ける。」と、裕一を励ます久志。

 

しかしその後も曲が採用されず、さらに半年が過ぎてしまいました。

プロデューサーの廿日市から、「来年は今の半分の契約金だから!」と言われる裕一。

「そろそろ利益出してよ~。本当だったら首だよ…」と言われて、裕一は何も言えなくなります。

落ち込んで家に帰ると、玄関でうれしそうな音が迎えてくれました。

裕一のために奮発して、最新機の蓄音機を買っていた音。

今のお金で約30万円くらいする高価な物です。

うれしそうにする音に、裕一は契約金が減額されたと話をできなくなりました。

 

その翌朝、裕一はようやく契約金を減らされたことを音に打ち明けます。

すると怒り出す音。

裕一が申し訳なさそうにすると、音が「私はあなたに怒っているんじゃなくて、会社に対して怒っているの!」と言い、レコード会社に乗り込もうとします。

裕一は落ち着くよう言うのですが、「私には、あなたを音楽家として守る義務がある!」と言って、すぐにレコード会社に向かいました。

会社に着くと、そこには小山田耕三と一緒にいる廿日市がいました。

音は廿日市をつかまえて、契約金を減らした理由を問いただします。

「普通に盛り上がる音楽を作ればいいのに、裕一君の曲はそれがない…。なんで小山田先生は彼をおしているのかな?」と話す廿日市。

それを聞いた音は、「小山田先生がおしているにもかかわらず、裕一さんをぞんざいに扱うんですか?!」と脅しにかかり、こうしてようやく無事に前年度と同じ契約金を勝ち取ることができました。

 

それを聞いた裕一はホッとしますが、レコードが売れなければ全額返済しないといけません。

シュンとする裕一に音は、小山田が推薦してくれたおかげでレコード会社に入れたことを教えました。

尊敬する小山田から評価されていると知った裕一は、少しやる気がでます。

そして翌日、レコード会社で初めて小山田を目にして緊張する裕一がいました。

<< 第33話 あらすじ 第35話 >>

\全話ネタバレはこちら/

【エール】感想|第34話 5月14日(木)

何とも言えない独特の雰囲気を持つ久志に、どっぷりはまってしまいました~♪

彼が話すと嫌味がなく、すっと心に入ってきますよね。

アドバイスも励ましの言葉も、久志に言われると前向きになれて力を貰えます。

裕一は絶対に大物作曲家になれると久志が見込んだのですから、信じて大丈夫です!

 

それにしても、音の行動力には本当に頭が下がります。

愛する夫のために、大手レコード会社に直談判するなんてやろうと思ってもやれるもんじゃないですよ~。

素敵な奥様をもって、裕一も幸せ者ですね♪

廿日市から言わせると、裕一の音楽は西洋音楽が入ってしまっているようで、流行とはちょっと違った曲になっているようです。

裕一はもともと西洋音楽が好きで、流行歌はあまり詳しくないようでしたし、ジャンルが違うことで曲作りが難しいんでしょうね…。

そしてついに憧れの小山田先生と対面した裕一!

このことで、裕一がこれまで以上にやる気をだして、頑張って作曲することを期待しています。

音も記念公演のオーデションを受ける気になっているようですし、夢に向かってガンバレ裕一と音!

<< 第33話 あらすじ 第35話 >>

\全話ネタバレはこちら/

【エール】ネタバレ予想編|第34話 5月14日(木)

音(二階堂ふみ)が音楽学校のプリンスこと佐藤久志(山崎育三郎)に、歌について相談をしているところに、裕一(窪田正孝)がやってきて、裕一と久志は思いがけず久々の再会をする。

裕一がレコード会社の専属作曲家になっていると聞いた久志は、自分の目は正しかったと話す。

曲が採用されない裕一に、「いつか必ず道は開ける」と久志は励ますが、その機会は訪れないまま、さらに半年が流れて…。

引用:Yahoo!テレビ欄

【エール】みんなの感想|第34話 5月14日(木)

#朝ドラエール
#エール
久志くん久しぶり
自分が背中を押した
半額に減給
音 コロンブスレコードに乗り込む
小山田先生の推薦!
満額復活
借金が増えただけかも
音も自分のために
小山田先生と初対面
#あさイチ
変なおじさんの期待
本人も我慢して芝居されてるかも

#あさイチ 大吉さん。
「振り返ったら変なおじさんになってそうな志村けんさん口を開けて冷や汗をかいた笑顔」
分かる〜口を開けて冷や汗をかいた笑顔
でも、本来コントやお笑いの方は緩急のある芝居で視聴者の笑いを誘発する技に長けているので、志村さんの小山田先生の、得体の知れない大物感は流石キラキラですね笑顔とハート3つ

今日の朝ドラ

エールに志村けんさん
出演しましたね~

話の流れから、今後も登場してきそう

収録してあるのとろまでだが、今後どうなるんだろ

代役たてる→まだ決まってない

撮影中断?
内容ワープする?
いろいろ意見あるけど……

志村けんさんが亡くなったこと、まだ受け止めれない号泣号泣^

ところで育三郎様の役は育三郎様にしかできない役だと思うのですが、台本も育三郎様をイメージしながら書かれているのですよね? 昨日の回は朝からミュージカルを観劇しているかのような気分でした。そしてあの子役の子も最高に好きです。まさに育三郎おぼっちゃまです。

「ためいきなんて似合わないな」というセリフが、「キャンディキャンディ」の丘の上の王子様のようだ。こういうのが似合うなあ、さすがミュージカル界の王子。
…って書いてあるレビューを今読んで、そうそうってうなづいてた。

#朝ドラエール

音ちゃんと廿日市さんの対決。
演劇界の猛者の古田新太にフミちゃんが真っ向勝負かけてて、しかも画面の構図が素晴らしくて唸った!口を開けて笑っている顔
スタジオ全景の右端に、小さい姿ながらも闘志みなぎる音ちゃんとたじろく廿日市口を開けて冷や汗をかいた笑顔
舞台を思わせる構図。
すごく良い絵コンテだなあキラキラ

廿日市「西洋音楽なんて売れないよ、あんな黴臭いのは金にならない」
ドストエフスキー「ほう、どのあたりがかび臭いのかご教授願えるかな?」
廿日市「ひっ、いっ、いえ、かび臭いのはこのスタジオの間違いですよ!」
ドストエフスキー「君は何度人生を間違えてきたんだろうね…」

昨日の朝ドラ・エールを見て「古賀政男みたいな歌、歌ってんな~。ふーん。」って思ってたら・・・古賀政男の歌でした(笑)あ、そうだったのね(;´▽`A“
私は「古賀政男=大正琴(昔、通販のCMで。)」のイメージしかないのですが、おばあちゃんっ子の友人が謎の昭和歌謡をよく口ずさんでたよ。

裕一と音って、外からの印象は全く正反対の2人だけど、「自分だけの価値観」の中で生きてる点では似たもの同士に見えるんだよね。
人間的に未完成な2人が自分たち以外の世界の人と交わることによって成長していく過程を、裕一が生み出した音楽とともに描こうとしてるんじゃないかな。#朝ドラエール

すっごく先行き不安なときに、「大丈夫、なんとかなるよ!」って夫の背中を押せるでっかい奥さんに私もなりたい。
特に今みたいなときや仕事の先行きが明るくないとき、夫より先に「もうダメだー汗マーク汗マーク」ってなってしまいがちな自分には音ちゃんは理想の奥さん像だ。

<< 第33話 あらすじ 第35話 >>

\全話ネタバレはこちら/

【エール】見逃し視聴/動画配信はU-NEXT

第34話のエールを見逃したら、
U-NEXTで無料視聴するのがおすすめです。

エールはレンタル作品ですが、
無料で600円分のUーNEXTポイントがもらえ、そのポイントを使って見逃し分を視聴することができます!

▼「エール」をU-NEXTで視聴したい方はこちら

U-NEXTは、1ヶ月以内に解約すれば無料で視聴できます。違約金もありません。

NHK以外でNHKオンデマンドが観られるのは、UーNXETだけです。

エール(朝ドラ)を見逃し動画配信で視聴する方法はこれ!再放送日はいつ?2020年上半期の朝ドラ『エール』が放送されます。 激動の昭和という時代に、音楽の力で人と人とを結びつけたある夫婦の物語です。 ...

↑この記事で、エールの再放送無料で動画を観る方法についてまとめています。
ぜひご覧ください。

<< 第33話 あらすじ 第35話 >>

\全話ネタバレはこちら/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ【エール】の見逃し動画を無料で視聴する方法はこちら。

見逃し動画を観る
↑再放送もこちらで確認できます。

その他、スカーレット全話あらすじとキャスト記事も公開中。

あらすじ全話キャスト

スポンサーリンク