エール

【エール】関内音の実在モデルは内山金子のネタバレ!夫は作曲家の古関裕而!

スポンサーリンク

2020年上半期の朝ドラ『エール』。

ヒロイン関内音(二階堂ふみ)の実在モデルは詩人の内山金子さんで、主人公、古閑裕而の妻でもあります。

この記事では、モデルとなった内山金子さんについて人物像や生涯をまとめます。

関内音のモデルは内山金子

内山金子の概要

・1912年愛知県、豊橋市生まれ。日本を代表する作曲家、古閑裕而と結婚し古閑金子となる。

・詩人でもあり、代表作に極光:詩集が出版されている。

・音楽家でもあり、音楽学校に通っていて、声楽の才能も優れていた。

詩人家でもあり、音楽家でもあった内山金子さんは、幼い頃からおてんばで、音楽と文学に興味があり、オペラ歌手を目指していたそうです。

内山金子の波乱万丈な人生を紹介

内山金子の家庭は大変だった

内山安蔵、みつの三女として産まれた金子。家族は一番上のお兄さんと女性6人という姉妹が多い家族でした。

家業は、愛知県豊橋市に配置されていた陸軍の第十五師団に物資を納入する仕事をしていたそうです。

父の安蔵は、金子が12歳の時に死んでしまい、その後は母親が家業を引き継ぎ、子育てをしていました。

一番上のお兄さんは、満州へ行きそこで、事業を起こしていたそうです。

豊橋高等女学校(現:豊橋東高等学校)を卒業後、「女人芸術」に参加し、中部地方委員になりました。

そして、満州にいるお兄さんの所へ遊びに行き、帰る際に乗船していた客船が座礁し沈没。

死にそうになったそうですが、無事に生きて帰ってこれました。

内山金子は古閑裕而に猛アタックしていた

1930年1月、金子は「福島の無名の青年が国際作曲コンクールで入賞」とういう記事を読みます。

その青年が、日本を代表する作曲家の古閑裕而でした。

「素晴らしい人がいる…」。そう感心した金子はすぐに手紙を書き、そこから2人の遠距離恋愛が始まりました。

そんな積極的な金子に、裕而はひかれていき、金子を自分の音楽活動のパートナーとして共に生きる夢をもつようになります。

わずか3カ月の恋愛期間に、金子の詩「きみ恋し」に曲をつけてもらったり、裕而は、金子に対して26曲を創作し「そのすべてをあなたに捧げる」などとラブレターに書いたそうです。

そして、1930年6月に裕而は、金子に会いにきます。

その後、金子は裕而と一緒に福島に行き、そのまま結婚しました。

内山金子はどんな人物?性格は?

金子は、1980年7月23日、乳がんが全身に転移し、亡くなってしまいました。

まだ若く68歳でした。

そんな金子は、幼い頃からお転婆で行動力がある人でした。

金子の行動力があったからこそ、新聞で知っただけの人に手紙を書き、有名となった古閑裕而と結婚ができたのでしょうね。

幼い頃から文学と音楽に興味がありました。

金子は裕而と恋愛をしている頃から、家計を助けるために、名古屋で雑誌を発行している人の所で、雑誌の編集の手伝いを始め、同時に声楽教師について歌の勉強を始めています。

結婚後、東京に住み始めた頃に、近くの帝国音楽学校の声楽部本科に編入し、本学的に声楽の勉強を始めます。

金子の声楽の才能は優れていて、有名な音楽家にも絶賛されていたそうです。

数々の舞台にも立ったが、子育てに専念するために、学校を中退しなければいけなくなり、その後も、オペラやオペレッタにも出演したが、戦争激化でその機会も少なくなっていきました。

だんだん音楽の道からは離れていくことに…

その後は、「婦人文芸」にて委員になり、詩や随筆を寄稿するようになります。

そして、「あいなめ」の同人になり、それまでの作品をあいなめ会から出版するきっかけとなり、文学の道へすすむようになっていきました。

内山金子を演じるのは二階堂ふみ

・1994年9月21日生まれの25歳の沖縄出身。幼い頃より、映画好きの母と一緒に映画館に行き、映画女優を目指していた。

・女優、ファッションモデル、写真家

・12歳の時に「沖縄美少女図鑑」のグラビアでデビュー。その後、マネージャーにスカウトされ、芸能界に入る。

・ファッション雑誌「二コラ」の専属モデルを務め、2007年にテレビドラマ「受験の神様」で女優デビュー。

・2011年には「神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴りやまないっ」で映画初主演。

2019年、「ストロベリーナイト・サーガ」で連続ドラマ初主演を果たす。

・優秀主演女優賞や新人俳優賞、助演女優賞など、数々の作品で数多くの賞を受賞している。

・そして、2020年前期放送予定の「エール」でNHK連続テレビ小説に初出演。

「ぜひこの作品に携わりたい」とヒロインオーディションに参加し、そこで見せた熱演と歌唱力により、応募者2082人の中から選出される。

内山金子の幼少期を演じるのは清水香帆

朝ドラ「エール」で、二階堂ふみさん演じるヒロイン・関内音の幼少期を演じるのは、超絶かわいい子役の清水香帆ちゃんです。

まだ演技の経歴は浅いのですが、一度見たら忘れられない可愛さの清水香帆ちゃん。

そんな美人子役・清水香帆ちゃんについては別の記事でまとめています

関連記事:清水香帆は超美人の新人子役!浜辺美波の後輩?

まとめ

内山金子さんは、文学、音楽に携わったり、いろんなことに目を向けられるパワーがある女だなと思いました。

古閑裕而の妻として、そして一人の詩人、音楽家として活躍している姿が、ドラマではどう描かれているのか楽しみですね。

\全話ネタバレはこちら/

↓関連記事はこちら↓

17
【エール】音の母・関内光子のモデルは誰?薬師丸ひろ子が音楽一家の肝っ玉かあさん!?こんにちは、どら子です。 朝ドラ『エール』のヒロイン関内音の母・関内光子ですが、やはり小関金子さんの母・内山みつさんがモデルです。...
【エール】関内安隆(光石研)のモデルは内山安蔵!光石研は名バイブレイヤー!こんにちは、どら子です。 朝ドラ『エール』のヒロイン関内音の父・関内安隆ですが、やはり小関金子さん(関内音)の父親がモデルです。 ...
【エール】関内音(二階堂ふみ)の子役は誰?清水香帆は超美人で浜辺美波の後輩!朝ドラ「エール」で、二階堂ふみさん演じるヒロイン・関内音の幼少期を演じるのは、超絶かわいい子役の清水香帆ちゃんです。 まだ演技の経...
【エール】関内梅(森七菜)の子役は誰?新津ちせは新海誠の娘でFoorinでアナ役!朝ドラ「エール」で、森七菜さん演じる関内梅(ヒロイン音の妹)の幼少期を演じるのは、天才子役の新津ちせちゃんです。 新津ちせちゃんは...
【エール】関内吟(松井玲奈)の子役は誰?本間叶愛は梅ちゃん先生で朝ドラ経験あり!朝ドラ「エール」で、松井玲奈さん演じる関内吟(音の姉役)の幼少期を演じるのは、子役の本間叶愛(といと)ちゃんです。 名前の読めなく...

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ【エール】の見逃し動画を無料で視聴する方法はこちら。

見逃し動画を観る
↑再放送もこちらで確認できます。

その他、スカーレット全話あらすじとキャスト記事も公開中。

あらすじ全話キャスト

スポンサーリンク