麒麟がくる

【麒麟がくる】ネタバレとあらすじ第6話(2月23日)三好長慶襲撃を十兵衛の情熱が阻止する!!

スポンサーリンク

この記事では、大河ドラマ2020年『麒麟がくる』のネタバレとあらすじを掲載します。

こんにちは、どら子です。

麒麟がくる第6話が放送されました。

今回は、最後の方に駒と十兵衛のちょっとドキドキするシーンがありましたね~

麒麟がくる6話のあらすじとネタバレを一気にまとめます!(あらすじは随時更新中です)

<<第5話  あらすじ  第7話>>

麒麟がくる【第6話】ネタバレとあらすじ

十兵衛、三好長慶襲撃計画を阻む

伊平治に鉄砲の分解をしてもらい、真っ直ぐのびた鉄砲の筒を明智十兵衛が「美しい」と言うと、「これを見てそんなことを言ったのは、十兵衛さまと松永さまだけですよ」と伊平治は言った。

伊平治が、ふと「松永さまと三好さまは、大丈夫でしょうか・・」とつぶやいた。

聞くと、今日の歌会で三好長慶を襲撃するという話を遊女屋で聞いてしまったと言うのだ。

明智十兵衛(長谷川博己)は、伊平治に案内してもらい将軍の元へ。

ERdUHLcWkAAnP_e

三淵藤英(谷原章介)を呼ぶと、「今日歌会で三好長慶さまを襲撃する計画があると聞きました。。三好さまのところにいきましたが、家来は誰もいませんでした。」と伝えた。

でも、三淵藤英は「細川晴元さまと三好殿の内輪のもめごとだから」と言って聞き流そうとすると、弟の細川藤孝(真島秀和)が、「晴元は嫌いだ」と言って、言い合いになる。

十兵衛は「私が幼き頃父から教わったのは、将軍は武家の頭領であられるということです。

武士をひとつにまとめ、世を平らかにする。今世は平らかではありません。

それに目をふさぎ、背を向けていては。

将軍が争うなと命じないと世は平らかにはなりません。

それでは、我ら武士がひとつにまとまるわけがありません」

と、熱く語ると、ひとり飛び出して行った。

ふすま越しに将軍・足利義輝(向井理)は聞いていて、十兵衛に加勢するように命じる。

その頃、歌会の会場に、刺客がなだれ込んできた。

松永久秀(吉田鋼太郎)も応戦。十兵衛たちも着き、加勢した。

そして、なんとか三吉長慶と松永久秀を逃がすことができた。

やはり黒幕は、細川春元のようだ。

kirin6-2

十兵衛はケガを負い、駒と再会する

しかし、十兵衛は肩に傷を負って、望月東庵のところに治療に向かう途中家の前で倒れてしまった。

気が付くと、駒がいて、十兵衛は布団に寝かされていた。

聞くと、十兵衛は家の前で倒れて気を失ってしまい2日間眠っていたらしい。

熱が高くて危なかったが、もう大丈夫だと望月東庵は言った。

十兵衛はケガをしているけれど、駒はうれしそうだった。

「3日でも4日でもおそばにいます」

10日後、細川藤孝が十兵衛を見舞いに、松永久秀からの「水あめ」を持って東庵のうちを訪ねた。

「明智殿は不思議なお方だ。この都では、松永殿と言えば、みなが恐れているお方です。

その松永殿と親しくしている」

「田舎者をおもしろがっているだけです」

「私もおもしろがっています。明智殿のようなお方が京にいたらと。

美濃へ帰らず、しばらく京にいませんか?」と言うと

「そうはいきません。美濃も京と同じです。

美濃の柱であった土岐家の力が弱くなり、今は斉藤利政さまが土岐家に代わる柱としてまとめているが、何か違う。

みんなが従ってはいない。美濃もバラバラです。

どうしたらひとつになれるのか?

5年先、10年先に美濃がひとつになれたら、またお目にかかります」と十兵衛は言った。

そこへ東庵が来て「たいへんだ。戦です!!」

斉藤利政が織田信秀と戦をして大柿城を取り返しようだ。

大柿城のある一帯は、穀倉地帯で交通の要所であり、利政の悲願であった。

十兵衛は駒に付き添われ美濃へ

十兵衛は美濃へ帰るが、傷が心配で駒も付いてきている。

夜は、古寺でたき火を囲み、おにぎりを食べる。

駒は十兵衛を気使い、藁の布団を十兵衛に持ってきた。

しばらく経ったが、寒そうな駒に「こちらに来てここに入れ」と言う。

ちょっと、ドキッとしますよね。

駒は戸惑うが、十兵衛のとなりに行くと

「傷を受けて気を失ったとき、夢の中で駒の歌が聞こえてきた。

誰にその歌を習ったのだ?」

「東庵先生に引き取られる前に、旅の一座の親方さまから教わりました。5,6歳の頃。」

「そうか・・」

「駒は、その歌を歌う」・・・

夜は更ける。

kirin6-3

<<第5話  あらすじ  第7話>>

麒麟がくる【第6話】感想

もう、最後のシーン・・気になりすぎて・・

先週、そろそろラブ要素も欲しいと言ったのが聞こえたのかと思いました、、。

十兵衛ったら、、駒の気持ち気が付いてるよね?

だったら、罪なことを、、!!

それから、三好長慶と松永久秀を救えてよかったですね。

十兵衛の真っ直ぐさは、戦国時代には合わないのかもしれないと思ったり、そんな時代だから貴重なのかと思ったりします。

そして人を先入観で見ないから、斉藤利政のような美濃のまむしと言われる主君にも気に入られたり、松永久秀のようなみんなに怖いと思われてる人とも親しくなれたのでしょう。

戦国時代には、裏切りは普通のことのように行われていたからこそ、そんな十兵衛は、稀な存在だったのだと思いましたね、、。

kirin6-1また、この麒麟がくるは、映像美に力を入れていると思います。

キャストの着ている着物もハイセンスだし、風景も美しいですね。

この襲撃事件の現場も、紅葉の葉で真っ赤でした^^

麒麟がくる【第7話】次回予告の期待と予想


斉藤利政は、海を手に入れたい!

斎藤と織田は同盟を結ぶとこになるようですが、代わりに帰蝶が織田に嫁ぐという約束になるようですね。

帰蝶は尾張には行きたくないと言うようです。兄の高政も反対のようですね。

その相手、織田信長とは・・?

信長、初登場の注目の第7話「帰蝶の願い」楽しみですね!!

<<第5話  ネタバレ  第7話>>

\全話ネタバレはこちら/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ【エール】の見逃し動画を無料で視聴する方法はこちら。

見逃し動画を観る
↑再放送もこちらで確認できます。

その他、スカーレット全話あらすじとキャスト記事も公開中。

あらすじ全話キャスト

スポンサーリンク