麒麟がくる

【麒麟がくる】ネタバレとあらすじ第7話(3月1日)帰蝶の願いは?

スポンサーリンク

この記事では、大河ドラマ2020年『麒麟がくる』のネタバレとあらすじを掲載します。

こんにちは、どら子です。

麒麟がくる第7話が放送されました。

今回は、ついに信長がちょっとですが登場しましたね~!!!

麒麟がくる7話のあらすじとネタバレを一気にまとめます!(あらすじは随時更新中です)

麒麟がくる【第7話】ネタバレとあらすじ

織田信秀からの和議

織田信秀は、一族の織田彦五郎にてこずっていた。

しかも、戦の度に最近は息切れがひどい。

今川義元、斉藤利政、織田彦五郎、3つの敵は手に余る。

そして、美濃の斎藤利政と和議を結ぶ提案をする。

帰蝶が明智の荘にくる

牧(十兵衛の母)は、明智光安(十兵衛の叔父)から帰蝶の嫁入り話をきいた。

翌日、帰蝶が明智の荘を訪ねてくる。

そこに十兵衛が、駒を連れて京から帰ってきた。

牧は、十兵衛に叔父の光安のところに行くように言い、十兵衛が叔父のところに行くと、尾張の織田信秀から和議の申し入れがあり、斉藤利政は同意したと言った。

ただし、条件があり”帰蝶”を織田信秀の長男”信長”の嫁に欲しいと言うのだ。

しかし、帰蝶は「嫌だ」と言ったきり口をきかないので、十兵衛に「帰蝶の気持ちを聞いて欲しい」と頼まれたということだった。

十兵衛が叔父・光安の屋敷から帰ると、子どもたちが来ていて楽しい雰囲気だった。

十兵衛が帰蝶を別室に連れていくと、

「私を嫁に行かせる話?幼い時から知っていて一番親しい身内だと思っている。

十兵衛、私を守って欲しい。尾張に行かせてはならぬとみなに言って欲しい」と頼まれた。

別室で、十兵衛の母・牧と駒が話している。

駒は「昨日の夜、小見の方のお付の者に帰蝶さまのお輿入れの話を聞きました」と言うと、牧は「そんな重要なことを簡単に話題ししてはいけない」といさめる。

女はいつかは、しかるべき方に嫁ぎ、子を産み育てなければならないけれど、思っても思いが遂げられない者はどうしたらいいのでしょうか?

駒の言葉は、自分のことのようでもあり、帰蝶のことでもあるように聞こえる。

駒も十兵衛が好きなので、帰蝶の気持ちがわかったのかもしれない。

斉藤利政の夢と思い

翌日、斉藤利政に稲葉山城に叔父と共に参上すると帰蝶の言葉をそのまま伝えた。

利政に「十兵衛はどう思う?」と聞かれ

「嫁にやると言っても、人質の意味もあります。

いざ、再び両者が戦になれば、一番最初に殺されるのは人質です」と言うと

「それに一番心を痛めているのはわしじゃ」と言い怒り出す。

「帰れ!」と言われて、「帰ります!」と利政の前からいなくなると・・・

利政は、もう一度十兵衛を呼び戻し、まず京の松永久秀から礼状が来た話をし、十兵衛を誉めた。

京が洪水に見舞われた時に、織田秀信は4000貫も出したのに、自分は全くだせなかった。

海の恵みは豊かで、海のある国は困らない・・尾張とはそういう国だ。

美濃には海がない。今まで海を手に入れるために戦をしてきたようなものだ。

そんな時に織田信秀から和議の申し入れがあった。

そうすれば、一滴の血も流さずに豊かになれる。

そして豊かになれば、国はひとつにまとまる。

十兵衛は、斉藤利政に「帰蝶にそのことを話してみてくれ」と頼まれてしまう。

kirin-41

そして、利政の前から下がると、

斎藤利政の長男・高政が呼んでいると部屋に連れていかれた。

すると何人もの家臣が集まっていて「父の考えは間違っている。守護の土岐頼芸さまや古くからの・・・・をないがしろにし、敵である織田信秀と手を結ぶなど」と、前のめりに口々に言ってきた。

「帰蝶を尾張に嫁に行かせてはならん」と言われるのだが、高政の考えには納得できなかった。

十兵衛は帰蝶の気持ちと父・利政の領主としての願い、そして自分の気持ちの中で悩む。

帰蝶の頼み

kicyou-1

帰蝶は、駒とお化粧をして楽しそうにしていた。

十兵衛は戻ると、帰蝶を呼んだ。

いつもよりほほ紅を赤くした帰蝶が「十兵衛、、この顔はどうだ!」と言うと

「旅芸人でそういう顔を見たことがあります」と答えた。

「旅か~~行ってみたい!!十兵衛もいっしょに」と言うと、

だまってしまう十兵衛。

すると表情を変えると帰蝶は「その、、織田信長はうつけ者と言われているそうじゃ。

だが、周りには誰も見た者はいない。

十兵衛見て来てくれないか?信長がどんな男か、見て来て欲しい。

万事はそれからじゃ」と言うのだった。

涙を見せないように十兵衛に背を向けていたが、その瞳は涙であふれそうだった。

「見て・・もし良きお方なら嫁にいかれますか?」

その様子を、遠くから駒が見ていた。

十兵衛再び尾張へ

弥平という男に付いて、十兵衛はまた商人の恰好をして尾張に向かっていた。

帰蝶の「織田信長」を見てきて欲しいという願いを叶えるために。

そして市場の賑わいを見て、話を聞いて信長を見かけていないか訪ね回った。

本当に活気があって、すばらしい市場だと十兵衛は思った。

そこで菊丸を見つけ、聞くと「信長さまは、ここのところ毎日漁に出ているので、明け方港で待てば会えますよ」と言う。

翌日、朝早く待っていると、信長が帰ってきた!!!

nobunaga-1

麒麟がくる【第7話】感想

まだ、会ったことのない人と結婚する、しかも知らない土地へ。

やっぱり不安だし、それが戦国武将の娘のさだめでも、、すんなりと納得はできないですよね。

十兵衛の気持ちは、はっきりわかる部分はないんですけど、帰蝶はやっぱり十兵衛が好きなんだと思いました。

会う前にお化粧をするところとかね・・。

でも、領主としての斉藤利政の言い分もすごくわかるし、説得力がありました。

豊かな国になって戦をしなくてよくなることが一番だと。

十兵衛も、何より戦を早く終わらせて、平和な麒麟がくる国にしたいのですから。。

でも、そのために帰蝶が望まない結婚をしなければならないことも。。。

そして、帰蝶を少しでも好きな気持ちがあるなら、好きな女性は悲しませたくはないでしょう。ましてや人質など危険な目に遭わせたくはない。

十兵衛が、帰蝶に俺が守るから!と言ったら、史実と変わってしまうので、無理なのはわかっているけど、言って欲しかったです。

くしくも、帰蝶の結婚相手として織田信長に会いに行ったこの時が、光秀にとっても運命の相手との出会いだったのですよね、、、切ない。

麒麟がくる【第7話】次回予告の期待と予想

来週は、美濃と尾張の同盟に向けて、いろんな人の思惑が交差するようです。

一筋縄ではいかないようですね~

織田信長に会った十兵衛は、帰蝶に何と報告するのでしょうか?

そして織田信長は、どんな人物に描かれているのか楽しみですね^^

帰蝶はどんな決断をするのか・・・?

次週8話も見逃せませんね^^

<<第6話 ネタバレ 第8話>>

\全話ネタバレはこちら/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ【エール】の見逃し動画を無料で視聴する方法はこちら。

見逃し動画を観る
↑再放送もこちらで確認できます。

その他、スカーレット全話あらすじとキャスト記事も公開中。

あらすじ全話キャスト

スポンサーリンク