スカーレット

スカーレット八郎と喜美子は離婚しない!ネタバレから事実確認!三津は工房を去るか?

スポンサーリンク

朝ドラ『スカーレット』では後半に突入してから、「喜美子と八郎は離婚するのか」という話題がずっと盛り上がっています。

実在モデルが離婚していることからこの心配が浮上したのですが、圧倒的に「離婚しないで欲しい」という声が多いです。Twitterなどでも、八郎・喜美子、浮気相手とされる三津の言動が細部まで取り上げられて、みなさん推測していますね!

朝ドラは翌週のネタバレをテレビ欄で知ることができますので、今回は実在モデルではなくスカーレットのネタバレを元に、喜美子と八郎が離婚するかしないかの事実を確認しました。

みなさんの推測・考察も含めてまとめていきます!!!

参考記事:三津最低!嫌い!になる全シーンまとめ

スポンサーリンク




八郎と喜美子は離婚するのかしないのかのネタバレ!

2月1日(土)までのネタバレを元に事実確認をしました。

※公式からのネタバレを知りたい方はこちらの記事でまとめていますのでご覧ください。

公式からですので確実なネタバレとなります。

八郎と喜美子の離婚に関するネタバレポイントは以下の

  1. 三津が「先生みたいな人を好きになりたいな」(17日ネタバレ)
  2. 三津が「先生を襲っちゃうかも」(18日ネタバレ)
  3. 喜美子に「先生がお留守だから調子が出ないのですか」と悲しげに聞く(20日ネタバレ)
  4. 三津「ヒロシの事は忘れた」「修行にきているんだ」と言い、意味深な表情を浮かべる三津(21日ネタバレ)
  5. 三津が八郎の帰宅を喜び盛り上がる(22日ネタバレ)
  6. 喜美子は、寄り添って眠る八郎と三津(黒島結菜)を見て動揺する。八郎への思いがつのる三津が耐えきれずに…(27日ネタバレ)→工房を去る
  7. 八郎が武志を連れて家を出る(30日あらすじ)
  8. (喜美子は)八郎への思いが溢れ涙が…(2月1日あらすじ)

現時点では、ここまでのネタバレとなっています。

八郎への思いが募る三津』という表現で、三津が八郎を好きになることがほぼ確定です。

好きになりたい(17日)」という発言があったあと、スカーレット民(視聴者)は、

あの表情は八郎を思っているわけでなくて、ヒロシへの想いからあの発言が出ただけである」という考察をしましたが、そうではなくてちゃんと好きになる伏線だったのですね。

また、「三津は天真爛漫で素直、だから表現がストレートなだけで恋ではない」という考察もありましたが、

素直すぎてそのまま好きになったという感じでしょうかね。

百合子との会話(1月21日、第92話)では、三津らしくない切なく意味深な表情をしていました。

これが、三津の八郎に対する思いが真剣なものであることの裏付けになるのではないかと思います。

三津が八郎に恋をするのは確定=離婚ではない

さて、三津が八郎に恋をするところまではほぼ100%確定です。

追記:
1月25日放送回(第96話)では、三津が寝ている八郎にキスしようとしました

ですが、恋をする=離婚という構図にはならなそうですね。それがわかるのが、1月27日のあらすじネタバレです。

ネタバレは、

八郎への思いがつのる三津が耐えきれずに…(27日あらすじ)

で終わっています。

この終わり方が重要で、スカーレットのあらすじを毎話確認している私としては、この『匂わせあらすじ』はそうならないことを意味する場合が多いです!

これはあくまでも確率、私の感覚でしかありませんが、〇〇で……という終わらせ方のあらすじの時は大体良い方向にいきます

例えば直近だと、1月21日のネタバレ。21日は事前のあらすじだと信作が百合子を振るような可能性がある「百合子に信作が厳しい顔で…」という表現で終わっていましたが、信作が改めてプロポーズするというハッピーエンドでしたね。

この例だけでなく、うまくいかないような『匂わせあらすじ』の時は大体うまくいきます。

ですから、今回の1月27日のあらすじで言えば「三津が八郎にアタックして八郎がその気になる可能性があることを匂わせつつ、そうはならない」というオチだと推測できます。

この『匂わせ』で大事なのは視聴者感情。信作と百合子の場合もほとんどの視聴者がふたりの結婚を応援している状況の中で、あえてそうしています。

つまり、八郎と喜美子の離婚を望まない状況(三津が厄介者である状況)では、上記のオチで間違いないかなと思います。

スポンサーリンク




八郎が三津を振る→三津が心も技術も成長するネタバレ?

ここからは、完全に推測の域ですが、八郎に恋する三津が八郎にアタックしたあとどうなるのか?についてまとめていきます。

1月21日時点で、八郎が三津を想うor意識している表現は皆無です。

※補足

1月1月14日放送の第86話では、

  1. 八郎の真前で笑顔で微笑む三津からさっと視線をそらす描写
  2. 三津を女性だと意識して触れるのをやめる八郎の描写

がありましたが、あれは三津がどうこうではなく、八郎が個展へのことで頭がいっぱいだったという解釈にしています。)

となると、1月27日のネタバレ「八郎への思いがつのる三津が耐えきれずに…」三津が告白をしたとしても、八郎がなびく可能性はほぼ0%かなと思います。

きっと嬉しいとは思いますが(嬉しいと八郎が想うような人だとは思いたく無いですが…苦笑)、三津を諭すように「陶芸ができる僕が好きなだけ」とか言うのかなと思います。

「八郎は、作品づくりへの思いを絡めながら喜美子のことや家族のことを語る。それを聞いた三津はすっきり八郎への思いに蓋をして、作品づくりに励む。」

…みたいな構図が一番スカーレットらしくて、視聴者も嬉しい展開だと思います。

八郎と三津は似ています。才能がある人を好きになり自分が苦しむ、自分がちっぽけだと思って逃げたくなる、だからこそ作品づくりや陶芸家としての生き方については、八郎から学ぶことは多いはずです。2月からは三津の成長も描かれ始めるのかなと思います。

それか、キッパリ八郎への思いに蓋をできない三津は、自ら弟子を辞めて八郎のもとを去り、心機一転陶芸家として修行を始めるという展開も十分あり得るかと思います。

どちらにしても、川原家に馴染みまくっている三津。このまま厄介者として終わることは無いのだろうと思います。

スポンサーリンク




八郎が武志を連れて家を出る

1月31日(金)の放送回では、八郎が頑固な喜美子に愛想を尽かして、家を出ると書かれています。

そのまま喜美子がひとりに……泣

と一瞬思いましたが、多分この「八郎&武志が家を出る」がスカーレットで描かれる最大のハチ喜美すれ違いだと思います。

照子が説得しにきても聞かない喜美子。喜美子にはそれだけの思いがあるのです。それなのに八郎が「離婚する!」と言うとは思えません。

八郎が三津を好きになるわけでもないし、喜美子を嫌いになるわけでもないのです。

夢を叶えるためにはこういう衝突もあるんだよ、みんな苦しいんだよ」というメッセージを伝えるための1つのストーリーなのではないかなと思います!

その証拠?に、1月31日(金)あらすじでは『マツが八郎に…』と家出をし荷物を取りに来た八郎に何か言うようです。

マツは八郎と喜美子をくっつけた愛のキューピットでもあります(喜美子に告白させる誘導をうまくした)。そのマツがふたりの関係を修復する役目をかう可能性は十分あるなと思います。ずっと喜美子を見て来た母親なりの言葉が出るのでしょう。

三津を嫌いになる視聴者が続出する理由

ここで、上記の考察ネタバレ(……と言う表現で終わっている時はうまくいくことが多い)通りになるには、三津が嫌われており誰もが八郎と喜美子の結婚生活続投を望んでいるという状況が必要になってきます。

その三津ですが、現時点では黒島結菜さんが可哀想になるくらい嫌われています。

参考記事:三津が嫌い!理由はキャラクターと声がうざい?

三津に対する声は第15週にかなりヒートアップしており、Twitterのサジェスト(検索予測、多く検索されるキーワードが自動表示される機能)に「三津 嫌い」というワードが登場するほどでした。

  • 喜美子が八郎と三津が談笑するところを見て傷つくようなシーン
  • 八郎が喜美子の助言を受け入れず三津の助言をきくシーン
  • New!三津と八郎が寄り添って寝る姿を見て喜美子が動揺するシーン

などがあったため、その役柄上どうしても嫌われるポジションであるのは確実。

しかも第17週には、八郎に恋をするという”禁断の恋”に突入していきますのでその声はますます盛り上がってしまうでしょう。

関連記事:黒島結菜の演技が嫌いな理由|下手でワンパターン?

黒島結菜さんの演技についても賛否ありますが、NHK公式からの発表通り「波乱を巻き起こす」存在になったのは間違い無いですね。

スポンサーリンク




八郎と喜美子の実在モデルはどうして離婚したかのネタバレ

さて、そもそもなぜ「八郎と喜美子が離婚する」という話になっているのかといえば、喜美子のモデルとなった神山清子さんが夫の神山易久さんと離婚しているからですよね。

そしてその理由は、弟子の女性(三津と同じように家族にも入り込んでいた)との浮気・不倫です。

参考記事:八郎の実在モデル・神山易久の人生まとめ

では、スカーレットはオリジナルストーリーであり、神山清子さんの人生とは違う部分が多々あります。

ですから、離婚理由は違うけれど「離婚はする」というパターンもありますよね。

つまり、

  • 三津とは浮気しないけど、単に夫婦関係がうまくいかず離婚
  • 八郎の作品づくりのために喜美子が身を引く形で離婚

などの可能性です。

関連記事:八郎と喜美子は離婚じゃなく死別?

これについてはまだ否定できません。八郎が東京から帰ってきたとも、喜美子と八郎の溝が解消され仲が深まるようなあらすじ・ネタバレは現時点ではありません。

あらすじネタバレが投稿され次第追記・考察します。

八郎と喜美子に「離婚しないで」という声が続出

八郎と喜美子が離婚するかしないかについてですが、視聴者からは「離婚しないで」という声が多く上がっています。むしろその声で埋め尽くされています。

(私の記事にも「離婚しない」「離婚やめて」などの検索ワードで辿り着く方がいるようですし…)

それだけ、スカーレットを観る上で重要かつ気になるポイントなのですよね。

「離婚しないで」という声の中で、考察を含めて「離婚しない」ことを予想している方の発言をまとめてみました。ので、「離婚しない」ネタバレであることを願う方、安心したい方は是非読んでみてください。

追記:1月27日第97話 三津が工房を去る

第97話で、三津が自ら川原工房を去りました。

ずっと不倫して離婚するのか、という点で視聴者がヤキモキしていましたが、最後はあっさりと三津が姿を消します。

三津が川原工房を去ることになったことについては、なかなか切なく描かれたのでこちらの記事にまとめました。↓

スカーレット三津が去る!視聴者の反応・感想は?「男だったら良かった」の解釈も

気になる方はご覧ください。

スポンサーリンク




八郎と喜美子は離婚するのかネタバレから事実確認!まとめ

今回は、朝ドラ「スカーレット」で八郎と喜美子が離婚しないかについてネタバレから事実確認をしてみました。

個人的には、八郎と喜美子のすれ違いについては、陶芸を通しての作品づくりへの思いを中心に描かれている気がします。弟子との関係性については、ほぼ取り上げられていないことから三津の一方的な恋心が描かれて終わりだと思っています。

また三津自身は、八郎に恋をすることで多くのことを吸収するという構図かなと思います。

私の中では99%の確率で「八郎と喜美子は離婚しない」と思いますが、今後の展開も楽しみにして観たいと思います!

↓こちらの記事も是非ご覧ください

【スカーレット】三津最低!三津嫌いが増す理由は唐田えりか?嫌いになる伏線シーンまとめスカーレットの第16週では、大波乱が起きましたね。 喜美子が動揺し作業場から離れたり、三津が八郎にキスしようとしたり。 これ...
スカーレット照子と敏春が離婚危機!理由は丸熊陶業の衰退?ヤキモチ?朝ドラ『スカーレット』の16週では、久しぶりに熊谷照子・敏春夫婦の話になります。 第11週の62話あたりでは仲睦まじい様子が描かれ...
【スカーレット】信作と百合子が結婚!伏線シーンと彼女まとめ!こんにちは、どら子です。 朝ドラ『スカーレット』も後半に突入し、お茶の間から大人気の信様(大野信作)とヒロイン喜美子の妹・川原百合...
スカーレット武志(喜美子の息子)の子役は誰?中須翔真【画像】は大阪出身!朝ドラ『スカーレット』も後半に入りましたね。 ヒロイン喜美子の息子・武志も小学生になり、子役がチェンジしています。 第14週...
スカーレット松下洸平(八郎)の手が綺麗と話題に!本当は左利き?こんにちは、どら子です。 スカーレット第59話放送後、八郎の手が綺麗だったと話題になりましたね! 八郎役の松下洸平さんは、特...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ【エール】の見逃し動画を無料で視聴する方法はこちら。

見逃し動画を観る
↑再放送もこちらで確認できます。

その他、スカーレット全話あらすじとキャスト記事も公開中。

あらすじ全話キャスト

スポンサーリンク