麒麟がくる

【麒麟がくる】斉藤高政はなぜ父・道三を殺したのか?出生の秘密があった?

スポンサーリンク

「麒麟がくる」の斎藤高政は、美濃の守護代、斉藤利政(道三)の長男で、明智十兵衛(光秀)とは、幼なじみです。

ドラマ序盤から登場しているのですが、ことある毎に父に対する愚痴をこぼしたり、父を否定したりしているところを目撃されていますよね?

そして、その不満、不信感は、ある事件に発展します。

戦国史に詳しい方ならご存知と思いますが、道三は実の息子・高政に討たれて亡くなります

この記事では、斉藤高政がなぜ父である道三を殺したのか?高政はどんな人物だったのか?

そして、高政を演じる伊藤英明さんについても調べました。

  • 斎藤高政はなぜ父・道三を殺したのか?高政の出生の秘密とは?
  • 斎藤高政はどんな人物だったのか?

この2点について、考察していきたいと思います。

斎藤高政はなぜ父・道三を殺したのか?

斎藤高政の家族関係

父親:斉藤道三

母親:深芳野(道三の側室)

の間に1527年に生まれたのが、斉藤高政です。

側室の子ではありますが、斉藤家の長男になります。

帰蝶は、1535年生まれ(正確な生年は不明)と言われていますから、高政の腹違いの妹になりますね。帰蝶は正室・小見の方の産んだ子です。

toshimasa-2

高政の出生の秘密とは?

本来ならば、足利幕府の下に守護がいてそれぞれの国を治めていて、守護代の斉藤道三は土岐家の家臣になります。

しかし、戦によって力をつけていた道三は、守護代でありながら実質美濃の実権を握っていました。

土岐頼芸の愛妾であった深芳野という美女は、道三の希望で側室になります。

これが高政の母であり、この事実が高政の”自分の父は道三ではなく、土岐頼芸ではないか?”という疑念につながります。

先日の放送でも、母・深芳野にこの疑問をぶつけていました。

深芳野は、道三のところに来て一年足らずで、高政を出産したことからも、そんな噂がささやかれていたのだそうです。

女性が子どもを身ごもってから出産するまで、1年はかかりませんから、絶対に高政は道三の子どもではないとは言い切れないはずですが、高政の気持ちが父・道三から離れるには十分だったのではないでしょうか。

道三が隠居したため斉藤家の家督を継ぐが・・

1554年、斉藤高政は、道三が隠居して斉藤家の家督を継ぎました。

斎藤家の居城は、ドラマにも登場する「稲葉山城」ですが、道三は「鷲山城」に移りました。

しかし、家督を譲ったといっても、道三はまだ政治には関わっていたようです。

道三の息子は高政だけではなく、正妻の小見の方が生んだ孫四郎、喜平治などがいて、道三はこの正妻の子をかわいがったといいます。

道三は、孫四郎を嫡男にしようとしたり、喜平治に名門一色の名前を名乗らせたりしました。

そのような父・道三の態度により、弟たちは、段々、兄である高政を軽んじるようになっていったといいます。

高政は、そんな状況に焦りを感じある決意をします。

また、道三は戦で領地を手に入れても、内政には無頓着で人々の不満は溜まっていて、それを見聞きしていた高政は、道三のやり方には批判的でした。

正室の子を殺害する

1555年、斉藤高政は、道三が離れたすきに、病気になったと言って長井道利を使い、孫四郎、喜平治を稲葉山城に呼び出し酒に酔わせて殺害しました。

この辺は、うわ~~とびっくりしましたが、こんなところは父親に少し似ている気がします。やはり、道三の子ですよね。

その後、道三に弟たちを殺したことを伝えました。

道三は、身の危険を感じて鷲山城から山深い大桑城に逃げました。

長良川の戦いで父・道三を討つ

翌年、道三は兵をまとめ斉藤高政と長良川で戦いました。

斎藤家の家臣は、道三に対して不満を持っていた者が多く、斉藤高政に味方しました。

道三は家臣には人気がなかったのですね。道三に国を追われた、旧守護の土岐氏も高政に協力しています。

兵の数は、道三 2700に対し、高政は、17500で、最初こそは道三軍が健闘しましたが、数に勝る高政軍が勝利し、道三は討死しました。

道三の娘・帰蝶の夫である織田信長(帰蝶はのちに織田信長に嫁ぎ、濃姫と言われます)も、道三のために駆けつけましたが、間に合わなかったようです。

道三は亡くなる時に、高政の采配に「これで美濃はもう安泰だ・・」と言ったといいます。

ずっと、高政を認めなかったのですが、最後の最後に認めたんですね。

斎藤高政とはどんな人物だったか?

道三の息子に生まれながら、父の愛情を感じられずに、ついには父を倒した高政ですが、父・道三に対する反発だけで兵を起こしたのではなく、美濃をいい国にしたいという純粋な思いもあったのではないでしょうか?

その後、すぐれた政治力で、道三の時代に戦で荒れ果てた美濃の国をみごとに立て直す手腕をみせます。

道三は内政には、全く関与しなかったのですが、高政は国内の問題を次々片ずけました。

そして、度々の織田信長の美濃侵攻からも美濃を守りました。

名前は「高政」から「義龍」に変えました。

父殺しの汚名を嫌ったのか「一色義龍」を名乗るようになります。

また、改名にまつわるもうひとつの話があります。

斎藤高政は、父を討つ少し前から自分を「はんか」と名乗り始めたといいます。

「はんか」とは、唐の故事に出てくる、訳あって父親を殺した者の名前です。

この時には、もう高政の気持ちは決まっていたのですね。

斉藤高政役の伊藤英明さんについて

この斉藤高政役の伊藤英明さんのことを調べました。

伊藤英明さんのプロフィール

itou-hideaki

生年月日:1975年8月3日
出身地:岐阜県岐阜市
身長:183㎝
血液型:o型
所属事務所:A-team inc
主な出演作品:映画_海猿シリーズ、悪の経典、WOOD JOB神去なあなあ日常 など。

他にもテレビドラマ_緊急病棟24時 第2シリーズ、白い巨塔、僕のヤバい妻、病室で念仏を唱えないでください など 多数。

でも、伊藤英明さんと言えば、海猿ですよね~

Umizaru_japanese_poster印象深いです。

幼い頃は病気がちで、小学校へは通算3年程しか通っていなくて、運動会には1回しか出たことがなかった程だといいます。

しかし6年生の時に扁桃腺を取ったら完治したのだそうです。

病気がちなんて、今では想像できませんよね。

1993年に第6回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで準グランプリをとり、芸能界入りしました。

あまり知られていませんが、1995年から2年間芸能活動を休止していたことがあるそうです。

前の事務所とは合わなかったようですが、とび職や解体工事などの肉体労働をして、社会経験を積みました。

その2年後に今の事務所A-teamから声をかけられ、俳優復帰しました。

そして2012年「悪の経典」でサイコパスの連続殺人犯を演じて新境地を開拓しましたね。

akukyouten

斎藤高政を演じるにあたって

今回の斉藤高政役をするにあたって、公式ホームページではこう言っています。

小さい頃から戦国時代が大好きで三英傑や斉藤道三のファンでした。しかも岐阜出身なので(美濃国)生まれ育った場所が大河ドラマの舞台になって本当にうれしいです。
脚本を読んでいて知ってる地名が出てくるだけで、ワクワクします。
実は脚本を読むまでは、自分の演じる斉田高政にいい印象は持っていなかったのですが、よくよく調べてみると、政(まつりごと)にすぐれていて、武芸にも達者で、今の岐阜の礎を築き、人々のために尽力した人物だとわかり、印象ががらりと変わりました。しかもドラマの中で正義感の強いまっすぐな男として描かれているので、今では高政の大ファンです。
_________HPより一部抜粋_________

プロフィールでも書いてますが、岐阜(美濃)出身なんですね。。

この役には思い入れがありそうです。

また、父・道三を殺した息子というだけではない高政の人間としての魅力を引き出してくれるのを楽しみにしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ【エール】の見逃し動画を無料で視聴する方法はこちら。

見逃し動画を観る
↑再放送もこちらで確認できます。

その他、スカーレット全話あらすじとキャスト記事も公開中。

あらすじ全話キャスト

スポンサーリンク