麒麟がくる

【麒麟がくる】柴田勝家(安藤政信)は一途で情に厚い男!織田信長の躍進を支えた!

スポンサーリンク

柴田勝家は、秀吉と争う程の織田の筆頭家臣であり、信長が亡くなってからですが、61歳くらいで、37,8歳くらいのお市と結婚しました。

鬼の柴田と言われる柴田勝家も、今回の「麒麟がくる」では少しイメージが違いますね。

演じる安藤政信さん、イケメン!!

柴田勝家の武勇伝人間としての魅力考え方、そして「麒麟がくる」で柴田勝家を演じる安藤政信さんについても調べていきたいと思います。

shibata1

この記事では、

  • 織田信長と柴田勝家の関係は、どんなものだったか
  • なぜ信長の妹・お市と結婚したのか

の2点を掘り下げて考察します。

織田家と共に歩み、散った柴田勝家の生涯

柴田勝家は、信長の弟・信勝に使えていた

柴田勝家は、信長の父・織田信秀に若い頃から遣えており、1551年に織田信秀が亡くなると、織田信長が家督を継ぎました。

_20200225_232939

しかし、最初柴田勝家は、信長の弟・信勝の家老となりました。

この頃勝家は、信長より弟の信勝の方が、織田家の当主にふさわしいと思っていたためです。

(信長は「大うつけ」と言われていましたものね。)

信長に対し謀反を起こすが、失敗

1556年、美濃の斉藤道三が息子の高政に討たれ亡くなると、柴田勝家は、織田信勝を当主にしようと、林秀貞、林通具と共に兵を挙げ織田信長に向かいました。

信長にとって斉藤道三は、妻・帰蝶の父でもあるし、信長の強力な後ろ盾だったのでチャンスと思ったのでしょう。

しかし、信長の強大な力に敗北しました。そして謝罪

普通ならば、謀反を起こしたのですから切腹が妥当なのですが、信長は信勝とその家来だった柴田勝家などを無罪放免にしました。

私が知る織田信長は、「鳴かぬなら、殺してしまおうホトトギス」という例えのように、短気で無慈悲な人物だと思っていたので、驚きます。(信長が許してくれるとは!!)

でも、ここは兄弟の母・土田御前が間に入って取りなしたということです。母にとってはどちらも息子ですもんね・・。

それに土田御前は、奔放な信長より、品行方正な信勝をかわいがっていたと言います。信長としても、母が同じ兄弟であり、母を泣かせることはできなかったのかなと思います。

柴田勝家もこの信長の対応に命を救われたことになります。

この時に、勝家は信長の圧倒的な力を思い知ったようです。

柴田勝家、信勝から信長に主君を変える

弟の信勝は、その後、男色相手の津々木蔵人を採用、重用し、勝家など他の家臣を軽んじるようになっていったようです。

その上、信勝は斉藤高政(義龍)と連絡を取るなどの不穏な動きや、再び信長に対して謀反を企てていることを知り、柴田勝家はその事実を信長に密告しました。

一度失敗して、それでも切腹ではなく許してもらえたのに、またやるとは。。

この時には、柴田勝家は信勝を見限っていたんでしょうね。

1557年、謀反の計画を知った信長は、具合が悪いと言って信勝を清州城へ呼び出し、殺害しました。

信長にしてみたら、兄弟だと思って大目に見ていたのに、天下を狙って大義を果たそうとしているのに足元をすくわれたら、何にもならないと決断したのでしょう。

そして、その後8年は、柴田勝家が戦に参加した記録もなく、何をしていたのかよくわかっていません。

信勝の遺児の世話とかでしょうか?仮にも主君だったので、その辺は気になったのかもしれないですね。。

柴田勝家・信長の配下で武将として大活躍

明智光秀や細川藤孝の働きによって、信長は足利義昭を奉じて、その護衛に京都までのルートを確保するために動き始める頃から、再び、柴田勝家の名前が出てきます。

この時は、重要な地域を任されているので、信長の信頼も厚かったことが伺われます。

その後、信長の天下取りに関わる戦には、ほとんど参加しています。

つい先日の放送にも出た京の三好三人衆とも戦いましたし、長嶋の一向一揆、比叡山焼き討ち、武田と戦った長篠の戦いなど多くの戦で活躍しました。

越後の上杉謙信とも、何度も戦いました。

越前に49万石と北ノ庄城をもらって大名に

越前の一向一揆を収めた褒美に49万石と北ノ庄城を与えられました。

武将というイメージが強いですが、比較的領民の評判もよく、道路を作ったり、橋をかけたり、政治的なことにも気を配りました。

お市の方の前夫・浅井長政とも戦う

織田信長の妹・お市の方の前夫の浅井長政でしたが、浅井氏は織田との同盟を裏切り、朝倉側に付き、最後には織田信長に滅ぼされています。

その浅井・朝倉VS織田 の戦いにも柴田勝家は参加していました。

その時は、のちにお市と夫婦になるとは考えもしなかったのでしょうね。

清州会議でお市と結婚

織田信長の筆頭家老になって、順風満帆だった柴田勝家ですが、1582年、6月2日本能寺の変が起こり、勝家の運命は変わります。

この時にすばやく動いた羽柴秀吉に優先権を取られてしまいます。

その後の清州会議で、信長の妹のお市は勝家と結婚することになりました。

この時柴田勝家は、60歳を過ぎていて、お市は37,8歳。かなりの歳の差婚ですよね。

それにしても勝家がお市と結婚する前に妻はいたのか?

60歳を過ぎていたんだから、当然いたと思っていましたが、このお市と結婚したのが初婚だったようです。

ずーと独身で数々の戦を戦ってきていたんですね。

大名なら跡継ぎのこともあるし、まわりは結婚するように勧めただろうに、しなかった。

もしかすると、ずっとお市に思いを寄せていたのかもしれないですね・・。

お市は、37,8歳で20歳そこそこに見えるような美魔女だったというし、戦国一の美女とも言われています。

もしもそうなら、この結婚も長くは続きませんでしたけど、勝家は幸せだったのかもしれません。

羽柴秀吉の野望の前に・・

秀吉は織田家の力を弱め、自ら天下を取るために動き出します。

対する柴田勝家はお市を守り、旧織田家を守っていく道を選びました

1583年、秀吉と勝家が衝突し、根回しがうまい羽柴秀吉が勝り、柴田勝家は負けてしまいます。

そして、北ノ庄城へ撤退し、共に戦った仲間に生き延びて秀吉とうまくやるように勧めました。

その後、籠城して交戦を続けますが、追い詰められると家臣にも逃げるように勧め、妻のお市にも逃げるように促しますが、残った家臣もお市も勝家と運命を共にすることを選びます。

泣きそうになってしまいますね・・。

勝家の人柄がこのエピソードでわかる気がしますね。

ずっと結婚しないで、お市を思っていたことも。(ちょっと決めつけてしまってますけど)

そして残された3人の姫は秀吉に引き取られました。

柴田勝家を演じる安藤政信さんについて

安藤政信さんのプロフィール

andou1

名前
安藤政信(あんどう まさのぶ)

生年月日
1975年5月19日(44歳)

出生地
神奈川県川崎市

出身校
神奈川県立向の丘工業高等学校

身長
175 cm

血液型
O型

所属事務所
フロムファーストプロダクション

<主な出演作>
◆(映画)キッズリターン、バトルロワイヤル、亡国のイージス、闇金ウシジマくん・ザファイナル他

◆(ドラマ)コードブルードクターヘリ緊急救命、あなたの番です、テセウスの船 など。

 

北野武監督の「キッズリターン」で1996年にデヴューし、日本アカデミー賞の新人賞を取っています。

しかし、その後あんまり露出がないと感じていたら、映画中心に活動していて、その映画を私が見ていなかったので知らなかったようです。1年に1本のペースで出ると公言していましたが、やはり少ないということを近年は認め、積極的に多くの作品に出演するようになりました。

ここのところ「あなたの番です」「テセウスの船」など話題作に出演し存在感をアピールしています。

柴田勝家を演じるにあたって

新キャスト発表の記者会見では・・。

「僕自身、初出演ですし、大河ドラマを見たことがないっていうくらい、本当に知識がなくて…想像だけでも役者にとっての戦場でもあるし、成長の場所でもある」

そして、所作をやってみた感想を「15分くらいで『大丈夫です。完璧です』って言われた」と話すも「撮影が心配なんですよね。自分だけ動きがおかしかったら、どうしようって」と初出演らしい初々しいコメントを話されてました。そして最後には「泥を塗らないように、クランクアップまで向かいたい」と意気込みを見せていました。

kyasuto1<新キャスト4人が発表>

まだ、撮影に入ったばかりの時期なので、公式HPには安藤政信さんのインタビューや役に対する意気込みはアップされていません。

また、アップされ次第追加していきますね!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ【エール】の見逃し動画を無料で視聴する方法はこちら。

見逃し動画を観る
↑再放送もこちらで確認できます。

その他、スカーレット全話あらすじとキャスト記事も公開中。

あらすじ全話キャスト

スポンサーリンク