麒麟がくる

【麒麟がくる】駒(門脇麦)は十兵衛といい感じで何者?門脇麦はバレリーナだった!

スポンサーリンク

『麒麟がくる』のなかで気になる登場人物といえばこの「駒」ではないでしょうか。

物語の序盤から登場し、意味深な話をしたかと思えば、最近は十兵衛となんだかいい雰囲気…?

実は駒は歴史上存在しない『麒麟がくる』のオリジナルキャラクターです。

大河ドラマに架空の人物がでてくるのはよくある話で『おんな城主 直虎』の「龍雲丸」や『信長 KING OF ZIPANGU』の「加納随天」などいまでも人気があるキャラクターがいます。

架空の人物だからこそ物語の中を自由に走り回り、主人公の心情を映し出す存在になりうるのではないでしょうか。

今回は駒というキャラクターと駒を演じる門脇麦さんについて調べてみました。

駒ってどんな人物?

駒は架空の人物で『麒麟がくる』のオリジナルキャラクターです。

幼いころに戦で両親を亡くし、自分も危ないところを謎の男性に助けてもらい、今は京で医師をしている望月東のもとで助手をしています。

麒麟の存在を信じる少女

第1話では家事の中から少女を助けた十兵衛(明智光秀)に自分が戦火に巻き込まれた話とその時助けてもらった男性から聞いた麒麟の話をします。

「『麒麟というのは、おだやかな国にだけやってくる不思議ないきものだよ。だからもう少しの辛抱だよ』と言ってくれたんです。」

タイトルにある「麒麟」について十兵衛に告げるだけでなく、視聴者に『麒麟がくる』がこれからどんな物語を描いていくのか匂わせる大事な役をつとめました。

十兵衛と正反対の存在

戦国時代の武将が主人公となるドラマの中で、庶民の考えや生活を象徴する存在にもなっています。

帰蝶や十兵衛の母親である牧とも仲が良く、武家の女性たちの心情を描く役割も果たしているのではないでしょうか。

戦国を駆け抜ける十兵衛と相反する存在として、物語の重要な人物であることには間違いないでしょう。

駒を助けたのは誰?

第1話で麒麟の存在を十兵衛に教えた駒ですが、そもそもその話は幼い自分を助けてくれた人物から聞いたものでした。

この人物も物語の中で重要であることは間違いないでしょう。

第3話では駒がその人から聞いた「きつねのはなし」について触れました。

なんとその「きつねのはなし」が帰蝶や牧も知っている美濃の昔話だということで、駒を助けた人は美濃出身である可能性が高くなりました。

この人物の正体が一体だれなのかというのも『麒麟がくる』のみどころです!

駒と十兵衛の関係はどうなる?

話が進むごとに駒が十兵衛に強く惹かれているのは『麒麟がくる』をご覧の皆様はよくご承知のことと思います。

第6話のラストでは古寺で雨宿りをしながら同じ藁の布団で眠る二人に思わずドキドキしてしまった方も多いのではないでしょうか。

駒の淡い恋心、ぜひ応援してあげたいところですが、史実によれば十兵衛こと明智光秀はこの後正妻を迎えることになります。

美濃の土豪・妻木氏の娘である熙子(ひろこ)であり、『麒麟がくる』では木村文乃さんが演じます。

駒は庶民でしかも架空の人物なので、実在した十兵衛との結婚はかなり可能性が低いといえます。

駒は身分違いの恋、正妻の出現とどう立ち向かい、自分の気持ちを折り合いをつけていくのかも『麒麟がくる』の気になるポイントです!

駒を演じる門脇麦さんについて

門脇麦さんのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

【ファンアカウント】門脇麦 mugi kadowaki(@mugi_kadowaki_fan)がシェアした投稿

本名:門脇麦

誕生日:1992年8月10日

特技:クラシックバレエ、英会話

趣味:料理、映画鑑賞

門脇麦さんはニューヨークで生まれ、5歳ごろに東京に移りました。

特技はクラシックバレエとありますが、幼いころからバレリーナを目指して本気で取り組んでいたそうです。

中学生の時にその夢をあきらめ、バレエに変わるものを探して女優の道に進みました。

役者として成功した今でもCMやドラマなどさまざまなシーンで門脇麦さんのバレエをみられます。

こちらのCMではほんの一瞬ですが、その美しい立ち姿に素人目にも実力の高さを感じます!

「麦」というのは本名で、ご両親が「麦のようにまっすぐ育ってほしい」という願いを込めてつけられました。

女優としての演技力も評価が高く、2019年にはブルーリボン賞を受賞しています。

その授賞式ではバレエを辞めたことについて「逃げてしまったようで、友達や先生に会いに行けなかった。早く有名になりたかった。」とおっしゃっており、バレエに対しても役者に対しても真面目にまっすぐ向き合っていたことがうかがえます。

駒を演じるにあたって

 

この投稿をInstagramで見る

 

大河ドラマ「麒麟がくる」スタッフ【公式】(@nhk_kirin_official)がシェアした投稿

門脇麦さんは『麒麟がくる』の公式HPでこのようにメッセージを送っています。

明智光秀が政治や戦(いくさ)で平和な世をつくりたいと思っているなら、駒は人の命を救うことでいい世の中にしたいと願っているのではないでしょうか。

(中略)

駒は、これまで描かれてきた光秀や戦国時代のイメージを変えていく要素を持っていると思うので、オリジナルキャラクターとして物語に新しい風を吹き込めればいいなと思っています。

明智光秀と違う立場でありながら同じ願いを持つ駒。

駒というオリジナルキャラクターがどのように物語を動かしていくのか目が離せません!

まとめ

  • 駒ってどんな人物?
  • 駒を助けたのは誰?
  • 駒と十兵衛の関係はどうなる?
  • 駒を演じる門脇麦さんについて

についてまとめました。

歴史を描く大河ドラマで、駒は歴史上存在しない人物として登場します。

だからこそ『麒麟がくる』というドラマの中で物語を動かす大事な役割を担っているといえるでしょう。

これから駒がどのように画面の中を駆け抜けるのか、見逃せません!

【麒麟がくる】キャスト記事一覧はこちら

役名 俳優・女優
明智光秀 長谷川博己
明智光安 西村まさ彦
煕子 木村文乃
織田信長 染谷将太
柴田勝家 安藤政信
斉藤高政 伊藤英明
斉藤道三 本木雅弘
望月東庵 堺正章
今川義元 片岡愛之助
土岐頼芸 尾美としのり
門脇麦
足利義昭 滝藤賢一
徳川家康 風間俊一
帰蝶 川口春奈
藤吉郎(豊臣秀吉) 佐々木蔵之介
スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ【エール】の見逃し動画を無料で視聴する方法はこちら。

見逃し動画を観る
↑再放送もこちらで確認できます。

その他、スカーレット全話あらすじとキャスト記事も公開中。

あらすじ全話キャスト

スポンサーリンク