麒麟がくる

【麒麟がくる】ネタバレとあらすじ19話(5月24日)信長暗殺未遂

スポンサーリンク
この記事では、大河ドラマ2020年『麒麟がくる』のネタバレとあらすじを掲載します。

こんにちは、どら子です。

麒麟がくる第19話が放送されました。

浪人をしていた十兵衛に、京に行くという仕事が!

そこでまた、いろんな再会がありました。

今回は、麒麟がくる19話のあらすじとネタバレを一気にまとめます!(あらすじは随時更新中です)

【麒麟がくる】19話 ネタバレとあらすじ

母も失った信長

織田信長の弟・信勝の死を母・土田御前は悲しんだ。

そして、信勝を殺した信長に土田御前は「そなたは、弟を殺したばかりではない、この母も殺したのです」と言った。

信長は、幼い時から母に遠ざけられた理由がずっとわからなかったが、母は大切なものをいつも壊す信長を好きにはなれなかったようだ。

信長は、父・弟・母もすべて失った。

nobunaga4

越前で浪人暮らしをする十兵衛

明智十兵衛光秀は、俸禄をもらわず、越前で浪人暮らしをしていた。

近所の子供たちに読み書きを教えていたが中々教え方がうまいと評判だった。

ある日、朝倉義景に呼び出され城に行くと、自分の代わりに鷹を持って京に行ってきてくれないかと、頼まれる。

斉藤道三が亡くなって2年経ったが、戦火を逃れて朽木に引きこもっていた将軍・足利義輝は、三好長慶と和睦して京に戻ったばかりだった。

そして、朝倉義景にも、京に登るように手紙が来ていたが、面倒に巻き込まれるのを恐れて十兵衛に頼んだようだ。

しかし、京に行くのがうれしそうな十兵衛。

将軍が戻り、荒れていた京も落ち着いただろうと様子を見に行けることがうれしいのだ。

その上、熙子は調子が悪そうにしていて、尋ねると子どもができたことがわかった。

十兵衛はとても喜んだ。

jyuubei1

十兵衛、京に向かう

京に入った十兵衛は、朝倉義景に頼まれた鷹を献上するため、将軍の元に参上した。

そこに、三淵藤利英と細川藤孝が現れた。

久しぶりの再会で、心配をかけたこと、書状を送ってもらったことにお礼を言った。

すると、そこで尾張の織田信長が京にやってくるという話を聞く。

そして、公家の二条家で開催される能にいっしょに行くように誘われる。

将軍・足利義輝は、十兵衛を覚えていたが、なぜか元気がないように見えるのが気がかりだ。

二条の館で斉藤義龍に再会

十兵衛が三淵藤利英と細川藤孝と共に二条の館に着くと、そこで斉藤高政に会った。

無言ですれ違った。

斉藤高政は、今は、斉藤義龍と名乗っているのだと言う。

能をみなで見て、出し物が終わり、十兵衛が部屋で細川藤孝と話している時に、織田信長を斉藤義龍(高政)の刺客が狙っているとの噂を聞くことになる。

十兵衛は、驚いて細川藤孝に”将軍さまに、斉藤義龍の企みを止めるように話をしてもらえないでしょうか?”と言った。

しかし、細川藤孝によると、今の将軍にはそんな力はなく、現在京を取り仕切っているのは三好長慶だと言うのだった。

そして、なぜそんなに信長の味方をするのかと訊かれた十兵衛は、斉藤道三も認めていた信長はこのまま死なせてしまうにはおしい人物だと細川藤孝に話すのだった。

すると、現在の京を治めている松永久秀に相談したらどうだと細川藤孝に言われたのだった。

松永久秀への頼みごと

十兵衛は翌日、松永久秀の宿所を訪ねた!

松永久秀はよくきたと言い、十兵衛の近況に話がはずんだ。

松永久秀は11年前の三好長慶の襲撃事件を十兵衛に命を救ってもらい貸しを作っていた。

松永久秀にその貸しを返してもらえないかと、言い出す十兵衛。

その内容とは、斉藤義龍と話して信長暗殺を止めてもらえないかという話だった。

松永久秀は、早速斉藤義龍の滞在している宿所へ行き、上洛する織田信長の命をねらっている者がいるので、斉藤義龍に取り締まって欲しいと言う。

その話を斉藤義龍は渋々承知し、信長暗殺計画は未遂に終わることになった。

すると斉藤義龍は、十兵衛を呼んでほしいと言う。

斉藤道三を討ち取った時に斉藤義龍は「次に会ったら、お前の首を取る」と言っていたので十兵衛は緊張した。

斉藤義龍の本心

十兵衛は部屋に出向いて、斉藤義龍の前に座った。

義龍は、松永久秀を動かしたのは十兵衛だと気が付いていたのだ。

改めて十兵衛の力に感心し、やはり自分を手伝って欲しいと思ったようだった。

義龍は、十兵衛に信長は必ず討ってみせると言い、十兵衛があのまま自分に付いて来ていれば今は浪人などしていなかったと言った。

いずれ尾張を飲み込み美濃をもっと大きな国にする、仕官のくちがないのであれば、もう一度考え直さないかと誘う義龍。

次に会った時には首をはねると言っていた義龍のあまりに変わりように、「いったいどうした?」と十兵衛はたずねる。

すると義龍は、本心を打ち明け始めた。

今まで血を流し過ぎた。

弟を殺し、父を殺し、、従う者はたくさんいるが、みな本心からではない。

気弱になっている義龍に後悔しているのかと尋ねると「後悔している。そう言ったらついてくるか?」と。

しかし、十兵衛は義龍にはつかないときっぱりと言った。

十兵衛は、今後どうしたいのか自分でもよくわからないが、道三に言われた「大きな国を作るのだ。誰も手出しができない大きな国を」という言葉が胸の奥にあると言う。

義龍は、父の言葉を十兵衛を通して聞くと、もっと話しておけばよかったと思ったかのようだった。

それでも、自分につかないと言う十兵衛に、わかった、もう行け!と言った。

義龍は「さらばだ。もう会うこともないだろう」と言った。

義龍は2年後病死する。

yoshitatu1

信長上洛を果たす

三日後、織田信長は、将軍義輝に謁見した。

信長は、将軍にひとつ頼みがあると言った。

それは尾張がひとつにまとまってきたのに、駿河の今川義元と美濃の斉藤義龍と手を組み、尾張に攻め入ろうとしている。

民のために兵を引くように将軍から命じて欲しいとのことだったが、将軍にできることは、今川義元よりもいい位を信長に与えることくらいだった。

その場に居合わせていた十兵衛は、部屋から出ていく信長を呼び止め挨拶をした。

信長は、今の将軍の話で今川義元が引き下がると思うか?と十兵衛に訊いてきたが、十兵衛もそれはないでしょうと答えた。

松永久秀宅で

十兵衛が夜、松永久秀の宿所に寄ると、昼に信長が酒を持って挨拶に来たと言う。

松永久秀は、信長は妙な男だと言い、「尾張を差し出す代わりに摂津をくれ」と言ってきた。

尾張は周りが敵だらけなので、摂津と替えて欲しいのだと言う。

摂津は松永久秀の上司・三好長慶の領地で、そんなことができるわけはないのに。

本気なのか冗談なのか、よくわからなかったと言うのだ。

松永久秀も、織田信長が只者ではないと感じたようだった。

十兵衛は、将軍の力も弱まって、今、京を治めているのは三好長慶である事実を考えると、武士を束ねていけるのが誰なのかわからなくなってきた。

麒麟を連れてこれるのは、いったい誰なのか?

【麒麟がくる】19話 感想

今日の話で気になったのは、自らしたこととはいえ、家族を失った織田信長と斉藤義龍が寂しそうだったことです。

織田信長は、父も弟も、そして母も(実際には亡くなってないですが)亡くしたと帰蝶に話していました。

斉藤義龍もまた、孤独を感じているようでした。

弟を殺し、父を殺し、自らが美濃の守護になったけれど、後悔していると言ったら自分に仕えてくれるかと言うところをみると、それは義龍の本心な気がしました。

あれほど、自分の父は土岐頼芸さまだと言っていたのに、美濃を追放された土岐頼芸を呼び戻すこともしていなかったとききます。

まわりに信頼できる者がいなくて、十兵衛にやっぱりそばにきて助けてもらいたかったのでしょう。

そんな似た境遇の斉藤義龍が、織田信長を討つ計画を立てていたとは。

でも、未遂に終わったのですね。

義龍は2年後に病死したというので、今回で出演は最期のようです。なんか最後は寂しそうでしたね。

十兵衛が、越前で浪人をして、平穏に暮らしていましたが、京や尾張、美濃ではまだ争いが絶えない様子を見て、現役に戻る刺激になったのではないかと思います。

信長は、今回足利義輝将軍に会って、もしかしたら天下を取る夢が始まりかけたのではないかと思いました。

力がない将軍の姿を目の当たりにし、三好長慶の治める摂津と国替えをしてもらいたいと話したのも、常識に囚われない信長らしいのですが、人となりを見ていたのかもしれないですね。

信長は弟を殺して、母にも見捨てられて、精神的にも親の呪縛から離れたのだと思います。

まだ、隣の今川義元が尾張を狙っているには違いないので、この時点では、そこをなんとかしたいというのが頭の中の大部分を占めていたとは思いますが、どこかにそんな野心の芽が出始めたように思いました。

皮肉なのは、この時点では信長を助けようと努めていた光秀。

その光秀にこの後何があったのかとますます興味を魅かれますね。

【麒麟がくる】19話 次回予想の期待と予想

次回は、松平竹千代(後の徳川家康)が、駿河の今川方の先鋒として戦に参加することになったようです。

先鋒は一番めに敵と対する矢面に立たされる位置であって、そこで命を落とす可能性が高いですよね。

織田信長も戦は避けたいと言っていたように、今川義元に戦を止めさせるために十兵衛が動きます。

しかし、戦は避けられるのでしょうか?

十兵衛は、信長を守りたいのに、越前にいるのがもどかしいようですね。

次回「麒麟がくる」 20話も楽しみですね!

<<第18話 ネタバレ 第20話>>

\全話ネタバレはこちら/

【麒麟がくる】キャスト記事一覧はこちら

役名 俳優・女優
明智光秀 長谷川博己
明智光安 西村まさ彦
煕子 木村文乃
織田信長 染谷将太
柴田勝家 安藤政信
斉藤高政 伊藤英明
斉藤道三 本木雅弘
望月東庵 堺正章
今川義元 片岡愛之助
土岐頼芸 尾美としのり
門脇麦
足利義昭 滝藤賢一
徳川家康 風間俊一
帰蝶 川口春奈
藤吉郎(豊臣秀吉) 佐々木蔵之介
スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ【エール】の見逃し動画を無料で視聴する方法はこちら。

見逃し動画を観る
↑再放送もこちらで確認できます。

その他、スカーレット全話あらすじとキャスト記事も公開中。

あらすじ全話キャスト

スポンサーリンク