麒麟がくる

【麒麟がくる】ネタバレとあらすじ20話(5月30日)家康へ母からの手紙

スポンサーリンク
この記事では、大河ドラマ2020年『麒麟がくる』のネタバレとあらすじを掲載します。

こんにちは、どら子です。

麒麟がくる第20話が放送されました。

今川と織田の最終決戦が始まります。

松平竹千代が元康と名前をかえましたね!のちに家康になりますが。

今回は、麒麟がくる20話のあらすじとネタバレを一気にまとめます!(あらすじは随時更新中です)

【麒麟がくる】20話 ネタバレとあらすじ

駿河では戦の気配が

駿河では、反物も味噌や醤油、米なども品不足になっているという。

今川の何万という軍勢が、尾張に攻め込もうと戦の準備をしているためだと言うのだ。

駒はその話を聞き、複雑な気持ちに。

越前の明智十兵衛は?

十兵衛は、相変わらず寺で子どもたちに読み書きを教えていました。

十兵衛が終わって家に入ると、駒からたくさんの薬が届いていて、母の牧は喜んでいた。

十兵衛は尾張から帰ってきた左馬助の部屋に向かうと、後ろから熙子に呼び止められ、もう米を買うお金もないという話を聞くことになる。

熙子は、申し訳ないが駒が送ってくれた薬を半分質屋に持って行こうかと提案したのだが、十兵衛は考え込んだ。

子どもが泣き出したので熙子は戻っていき、十兵衛は左馬助の部屋に入っていった。

左馬助の話だと、帰蝶は十兵衛が元気にしているときいて喜んでくれたが、今は今川義元の勢力が拡大し、尾張の大高城や鳴海城が今川の手に落ちているということだった。

そして、今川は戦の時は必ず三河の兵を先陣につけるのだそうだ。

大高城が三河の兵で固められているのは、もう戦がすぐにでも始まる証拠だと十兵衛は思った。

そして、今川義元に近い三河の武将は、元織田の人質だった松平竹千代ではないかと左馬助に言われて、十兵衛は、清州城で会った幼い竹千代を思い出した。

あれからもうすいぶん月日が経ったので、松平竹千代も成人したはずである。

十兵衛にある考えが浮かび、左馬助にもう一度尾張に行って欲しいと頼んだ。帰ったばかりなのに。

駿河と五分に戦える方法を手紙に書くので帰蝶に渡してもらいたいと言うのだ。

今川勢・出兵!先鋒を命じられたのは?

駿河の今川義元の館では、義元が重臣を集めて、尾張に攻め入るための最終会議をしていた。

今回は、義元自身も出陣すると発表した。

戦の先陣を任せるのは、三河の武将にするのがいいと言われたが、果たしてそれは誰になるのか?

大事の前に幸先がいい

駿府の智源院という寺で松平元康(後の徳川家康)は、望月東庵と将棋をしています。

東庵はめずらしく負けますが、松平元康は「大事の前に幸先がいい勝ちだ」と喜びます。

そこに、元康の祖母の源応尼が駒といっしょにやってきて、肩の痛みが取れた話をするのだった。

話の折に触れて、元康が尾張との戦で先陣を申し付かったことがわかったのだ。

駒が次のお宅に行くと退席すると、元康も私も帰りますと言って、部屋を出ました。

源応尼は、元康が先鋒を命じられ織田勢の真っただ中に送り込まれると嘆いていた。

torisetu20

何にでも効く薬

駒のあとをついてきた松平元康は、自分の身の上を嘆きますが、今川義元に三河を返してもらうまではすべて致し方ないと自分に言い聞かせていました。

しかし、時々何もかも投げ出したくなると松平元康は笑った。

駒は、元康に「この先に毎日お灸をして欲しいという方がいて、その方が作る丸薬が何にでも効くと人気があり、戦の時に買って持っていった人で戦で死んだ人はいないそうです」と話しました。

何にでも効く薬などあると思わないけれど、効くと信じる人にはお守り代わりになるのかもしれないと駒は言った。

元康が生きて帰れるならば信じてみようかと言うと、駒は今持っているからと、その薬を元康に渡しました。

包みに入ったその薬は、黒い丸薬でした。

そして、「元康さまがご無事に帰られるならば、私も信じてみます」と駒は言った。

元康は、これは駒からもらったお守りだと言い、必ず生きて戻ってくると付け加えた。

koma2

元康と別れると駒は、その丸薬を作る老人の家に向かった。

松平元康は信用できるのか?

今川義元の館に、望月東庵は呼ばれていた。

最近肩こりがひどい義元は、今は亡き雪斎が東庵の針の腕を絶賛していたので一度やってもらおうかと思い立ったのだと言う。

しかし、今川義元の本当の目的は、松平元康と将棋仲間である東庵に、訊きたいことがあったからのようだ。

それは、義元は幼かった元康を駿河に引き取ってから大切に育ててきたが、もし元康が織田方に寝返れば自分の身が危うい。

元康は信じるに足る若者と思うか?と東庵は訊かれたのだった。

東庵が、”元康は裏表のない人物なので心配ない”と答えると、今川義元は安心したように笑った。

yoshimoto2

負けない作戦

尾張の清州城では、織田信長は家臣たちを交えて作戦会議をしていたが、これといった名案もなく、信長は部屋を出てきてしまいました。

すると帰蝶が”熱田に行くので殿もいっしょに行きましょう!”と言うので、信長が詳しくきくと、「熱田に松平竹千代の母・於大の方さまと叔父の水野信元さまがおいでになるのです」と帰蝶は話しました。

信長は帰蝶の話に興味を魅かれ、足早に歩く帰蝶を追いかけて「母と叔父を使って、松平元康をこちらに付けるということだな。その知恵は誰に教わった?」と訊きますが帰蝶は答えません。しかし信長には、明智十兵衛が考えたことだとわかっているようだった。

nobunaga6

十兵衛は朝倉に仕官を頼むが

生活費が底をついていることを熙子から聞いた十兵衛は、朝倉家に仕官の口を頼みに行きました。

そして話を通しておくと言われたので、数日後に館に出向くと、朝倉義景は京から来た公家衆と蹴鞠を楽しんでいて明日また来るようにと返されてしまった。

帰る時に、物陰から蹴鞠をして遊ぶ義景が見え、十兵衛は呆れてしまいました。

家に帰ると、左馬助にこのような国に身を預けようとは思わないと言った十兵衛。

今、尾張の織田信長は大一番の戦に向かっているのに、私はこの国で何をしている!と十兵衛は悔しさを滲ませました。

そして尾張に向かう決意をし、左馬助とともに尾張へ発つことに。

kemari1

熱田の秘密会合

織田信長と帰蝶は、熱田で松平元康の母・於大の方と叔父の水野信元と会っていた。

すでに、松平元康は、尾張の大高城に向かったという報告を得ていると信長は言った。

水野氏はこのままでは、甥の元康と戦うことになってしまう。

於大の方がもう16年も息子に会っていなくて母と言えるだろうかと言うと、「何年会っていなくても名を聞けば胸を刺される。母は母だ」と信長は言ったのです。

於大の方は、ここに来る前に、このようなことを察知して元康に手紙を書いてきていました。

そして、その手紙を元康に届け、なんとしても今川から離れるように説得するつもりだが、ひとつ条件があると、水野元信は言った。

その条件とは、”今後尾張は三河に野心は持たず、三河の者は三河に戻すと約束して欲しい”ということだった。

そして、信長はそのことを承知し約束をしたのだった。

信長の返事を聞くと、於大の方はその場で呼んでいた菊丸(春次)にその手紙を託しました。

松平元康に手紙が届けられる

今川義元は兵を上げ、尾張に近い沓掛城に入り、先鋒の松平元康は大高城に着いた。

そして松平元康は、翌日早々に織田方の砦を攻め落とすように言われました。

元康がひとり自室に入ると、そこに春次(菊丸)が来ていて、例の母の手紙を元康に渡します。

その手紙には、母の想いが込められていました。

”この戦は勝っても負けてもよいことは何もない。戦から身を引きなさい。

母はただただ元康殿に会いたい”と書かれていたのです。

更に春次が、今川がある限り100年経っても三河は日が当たりません。織田に付き今川勢を退け三河を取り戻してほしいと元康に訴えるのでした。

涙を流して春次の言葉を聞いていた元康の決断は?

その頃、明智十兵衛は、左馬助と尾張に向かって馬を走らせていた。

【麒麟がくる】20話 感想

松平竹千代は成長して、元康と名乗るようになり今回の織田攻めの先鋒を命じられていました。

先鋒とは、矢面に立つことであり一番危険な役回りですよね。

元康は幼い頃、「今川は敵です。いずれ討たなければならないと思っています」と言っていたことを思い出しました。

今川の元に来てから、生活に困ることもなく、成長させてもらったことを元康も恩に思っていたと思うので、昔言っていたことなど忘れてしまったかもしれませんが。

母からの手紙を読んで、明らかに動揺しているように見えました。

また、今回も帰蝶が於大の方や水野元信に連絡を取り、信長をリードしていましたね。

そして、ずっと母に愛されたかった信長だからこそ、母を恋しく思う元康の気持ちを想像できたのだと思いました。

そして、この時の三河に攻め込まないという約束を信長は終生守ったと聞きました。

そして、何にでも効くという丸薬を駒にもらった元康は、「必ず生きて帰ってくる」とまるで恋人に言うようなセリフを駒に言っていて、ちょっとキュンとしました!

前回の時に駒に初めて会って一目ぼれしたように名前を聞いていたのも思い出して、初恋かな~なんて思っていたので。

十兵衛も、子どもたちに読み書きを教えて平和に暮らしていたのですが、お金がないので仕方なく、朝倉家に仕官の希望を出したのですが、まじめな十兵衛は、呑気に遊んでいるように見える朝倉義景とは合わなさそうですね。

次回はついに桶狭間の戦いのようです。織田信長の大進撃が始まろうとしていますね。

それにしても、織田信長が桶狭間の前は、自分の国さえ、しっかり守れないような弱小な武将だったことは、あまり実感していませんでした。

【麒麟がくる】20話 次回予想の期待と予想

ついに次回は桶狭間の戦いです。

長いこと、今川義元とは決着が付かずに小さな戦を続けてきましたが、ついに最終決戦が!

絶対的な不利の条件の中で信長はどう動き今川と対決したのか?

十兵衛が清州城に着いた時には、信長はもう戦に向かっていたようですが。

そして松平元康はどうしたのでしょうか?

コロナによる撮影中止の影響でお休みになる前の【麒麟がくる】21話、見逃せませんね!

<<第18話 ネタバレ 第20話>>

\全話ネタバレはこちら/

【麒麟がくる】キャスト記事一覧はこちら

役名 俳優・女優
明智光秀 長谷川博己
明智光安 西村まさ彦
煕子 木村文乃
織田信長 染谷将太
柴田勝家 安藤政信
斉藤高政 伊藤英明
斉藤道三 本木雅弘
望月東庵 堺正章
今川義元 片岡愛之助
土岐頼芸 尾美としのり
門脇麦
足利義昭 滝藤賢一
徳川家康 風間俊一
帰蝶 川口春奈
藤吉郎(豊臣秀吉) 佐々木蔵之介
スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ【エール】の見逃し動画を無料で視聴する方法はこちら。

見逃し動画を観る
↑再放送もこちらで確認できます。

その他、スカーレット全話あらすじとキャスト記事も公開中。

あらすじ全話キャスト

スポンサーリンク