麒麟がくる

【麒麟がくる】ネタバレとあらすじ 21話 (6月7日)信長 桶狭間を制す!

スポンサーリンク
この記事では、大河ドラマ2020年『麒麟がくる』のネタバレとあらすじを掲載します。

こんにちは、どら子です。

麒麟がくる第21話が放送されました。

ついに桶狭間の戦いが放送されました。

織田軍は始まるまでは、圧倒的に不利な立場だったのですが、、。

今回は、麒麟がくる21話のあらすじとネタバレを一気にまとめます!(あらすじは随時更新中です)

【麒麟が来る】21話 ネタバレとあらすじ

今川義元・沓掛城に到着

今川義元自ら、沓掛城に進軍してきました。

今川勢は、松平元康に丸根・鷲津の2つの砦攻めを任すに当たり、援軍を3000兵程送り、織田信長の援軍が来る前に短時間に戦が終わるように考えました。

そして、その後大高城に大群を集結させ、一気に清州城を攻める作戦でした。

松平元康の決断は?

母の手紙で、この戦から手を引くように言われ、春次(菊丸)にも、今川義元を裏切るように説得された松平元康(後の徳川家康)でしたが、織田信長が「協力するならば三河には今後手を出さない」と約束してくれたと聞くと心動きます。

しかし、松平元康は冷静でした。

今川との勝てない戦を家臣に強いることはできないと、翌朝今川の指揮どおり、2つの砦攻めに行くと決めたのです。

翌朝、元康は、夜明け前に丸根砦攻めを開始しました。

清州城の織田信長は?

清州城の織田信長の元には、6時には松平元康が説得に応じず、予定どうり砦攻めを始めたことなどが報告され、織田信長は籠城すると家臣に伝えました。

中には、今川方に内通している者もいるとの考えで、取りあえずそう伝えたのです。

信長は考えをまとめるために歌いだしたが、何か思いついたようで、考えを変えました。

それは、今川は鳴海城に3000兵、鷲津砦に2000兵を送っていて、今川義元の傍には考えているよりも兵が少ないのではないかということでした。

torisetu7

家臣に今川義元の本陣にどれだけの兵が残っているか調べるように命じ、自分も善照寺砦に行くと言います。

また、信長は帰蝶に会わせたい者がいると、連れて行った部屋には、信長の子どもだという男の子がいて、自分にもしものことがあったときは、帰蝶に育てて欲しいと頼むのでした。

午前8時には、松平元康によって丸根・鷲津の2つの砦は陥落した。

織田信長も出陣の準備をして、善照寺砦に向かいます。

 

明智十兵衛光秀が清州城に到着

十兵衛は、清州城に着き、帰蝶に面会。

帰蝶は小さな男の子を膝に抱き、「殿は出陣してしまった」と涙を浮かべて十兵衛に告げる。

帰蝶は、その男の子を「天から降ってきた大事な預かり者だ」と言いました。

十兵衛は、すぐに信長を追いかけて善照寺砦に向かったのでした。

善照寺砦に着いた信長は

9時には、信長は途中で兵をかき集め約3000兵にして、善照寺砦に入り作戦を練ります。

家臣の調べでは、今川義元は兵を分散して出していて、今残っているのは7,8000兵だということでした。

それでも、織田信長の倍以上でした。

nobunaga7

松平元康の意地

10時30分には、松平元康が、大高城に戻ってきました。

そこで、つい最近今川義元が、朝廷から”三河の守”に命ぜられ、名実ともに三河の主になられたと今川の家臣から聞いてしまいます。松平元康の心が揺れ始めます。

昨日の母の手紙と菊丸の話を思い出します。

その上、今すぐに鳴海城に向かえとの命令され、疲れているので少し休む時間をもらいたいと言っても聞き入れられず、自分たちが頑張っても報われないことを悟ります。

motoyasu2

桶狭間で休む今川勢

11時、桶狭間で、一休みをしている今川勢。

織田の軍勢300余りが中島砦に向かっているという知らせがあり、義元は本陣から兵を1000兵向かわせました。

午後1時に、今川の本陣の兵が5000に減ったとの報告を待って信長は勝機を得たと感じ、善照寺砦を出て桶狭間に向かいました。

目指すは今川義元だたひとり。塗り輿が目印だと信長は言いました。今川義元は、権威を示すために戦場では輿に乗っていたのです。

雨が降り始めました。

桶狭間の今川勢も、雨の当たらない場所に退避しました。

そして、松平元康は昼ごはんを食べていました。

そこに今川の家臣が現れ、桶狭間に向かっている信長の背後を付くように言われますが、先ほどは鳴海城へ、程なく桶狭間だと、勝手すぎると腹をたて、今日は一歩も動かないと言ってこれを拒否。

その頃、織田の武将・毛利新介は、桶狭間で休む今川勢に奇襲をかけ、一気に攻め込みました。

yoshimoto5

そして、死闘の末今川義元を討ち取ったのです。

yoshimoto3

ついに、松平元康は大高城に留まり、桶狭間に向かうことはありませんでした。

織田信長は、宿敵・今川義元を討ち果たし清州城に帰ろうと帰路につきました。

そこで、明智十兵衛光秀は織田信長に会いました。

十兵衛は信長にお祝いを言うと、幼い頃から何をしても褒められなかったという信長ですが帰蝶は何をしても褒めてくれる母のようだと言いました。

次は何をしますか?と十兵衛が尋ねると、美濃をとって帰蝶を喜ばせてやりたいと信長は答えました。

その次は?と訊かれて、何も言わず立ち去った信長でした。

nobunaga5

駿府の駒と望月東庵は

駿府に留まっていた駒と望月東庵は、そろそろ京に帰ろうとしていました。

駒は松平元康から手紙が来て、母に16年ぶりに会いお互いに泣いてしまったこと、そして織田信長の配慮で、三河の岡崎に戻れることになったのだという。

駒は京に発つ前に、何にでも効く丸薬を作っている男から秘伝の丸薬の調合を記した紙をもらいました。

十兵衛は、越前に帰るために馬を走らせていました。

【麒麟が来る】21話 感想

ついに桶狭間の戦いで、最強の戦国武将と言われた今川義元を数で劣る織田信長が討ち果たし、勢力図が大きく変わりましたね。

松平元康は、当初直ちに今川義元に反旗を翻す暴挙はできず、今川義元の命令どおり2つの砦を陥落させます。

しかし、三河の者を先鋒にしたり、自分たちを将棋の駒のように使って、実権は渡さずという義元のやり方が徐々に我慢できなくなってきて、命令に従わず、動かないことで織田の今川に対する奇襲攻撃を可能にしたんですね~

そして、信長は約束を守って、元康を三河の岡崎に返してくれてよかったと、思いました。

それから、元康くんちゃっかり駒ちゃんには手紙は書いていたんですね~

弱小国だった尾張の織田信長、国をどう守るかに悩まされていたのが、形勢逆転し外に国を広げていき、これから道三が言っていた「大きな国」を作っていくのですね。

しかし、出陣する前に、いきなり子どもがいたんだと連れてきて、自分が死んだらこの子を育ててくれって、今だったら大問題ですよね~

側室なんて居て当然の時代だったのに、帰蝶が大好きってオーラ出してたのにな・・。

そして・・十兵衛に訊かれて、なんでも誉めてくれる帰蝶を母親のようだと言っちゃうのもちょっとえ~~~と思いました。

マザコンが過ぎませんか?奥さんは母親じゃないから!!と、言いたくなりましたね。

まあ実際の信長がどうであれ、この【麒麟がくる】の信長は、コンプレックスが強くて、親のような愛を求めてやまない少年のような部分が魅力なのかもしれません。

また、この桶狭間の戦いは、ほんとにドラマチックで、やはり合戦シーンは戦国時代劇の華だなと改めて思いました。

【麒麟が来る】21話 次週予想の期待と予想


次週から、しばらく【麒麟がくる】は休みになるようです。

足利義輝将軍が暗殺され、新将軍が擁立されるようです。

そして、その足利義輝将軍を亡き者にしたのは、近衛前久なのか?松永久秀なのか?

ついに、木下藤吉郎が登場しますね。なんかズル賢そうな顔しています。

そして、ついに明智光秀が織田信長の家臣になるのでしょうか?

次回の麒麟がくる、しばらく先ですが楽しみに待ちましょう!

<<第20話 ネタバレ 第22話>>

\全話ネタバレはこちら/

【麒麟がくる】キャスト記事一覧はこちら

役名 俳優・女優
明智光秀 長谷川博己
明智光安 西村まさ彦
煕子 木村文乃
織田信長 染谷将太
柴田勝家 安藤政信
斉藤高政 伊藤英明
斉藤道三 本木雅弘
望月東庵 堺正章
今川義元 片岡愛之助
土岐頼芸 尾美としのり
門脇麦
足利義昭 滝藤賢一
徳川家康 風間俊一
帰蝶 川口春奈
藤吉郎(豊臣秀吉) 佐々木蔵之介
スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ【エール】の見逃し動画を無料で視聴する方法はこちら。

見逃し動画を観る
↑再放送もこちらで確認できます。

その他、スカーレット全話あらすじとキャスト記事も公開中。

あらすじ全話キャスト

スポンサーリンク